キミはまだ本当の力を知らない!「 映画プリキュアドリームスターズ! 」の木村佳乃さんの主題歌は劇場で完成する!

先日3月18日より「映画プリキュアドリームスターズ!」の公開がスタートしました。本作は「キラキラ☆プリキュアアラモード」「魔法使いプリキュア!」「Go!プリンセスプリキュア」という直近3シリーズのプリキュアが共演するプリキュアの映画最新作です。

キッズやそのお父さんお母さんがひしめく公開日に、いい歳したおじさんのワタクシも早速単身劇場に足を運んで参りました。キッズたちの必死の応援が飛び交う中、じっくり映画を堪能してきたわけですが(これがプリキュア映画の醍醐味!)、今回の映画で印象に残った大きなポイントの一つとして、『木村佳乃さんの主題歌が非常に良かった』ので今回はそれについて、詳しくお話したいです。

スポンサーリンク

女優業だけじゃない!木村佳乃さん

「映画プリキュアドリームスターズ!」で非常に印象に残る挿入歌であり、エンディングテーマにもなっている曲が木村佳乃さんの『君を呼ぶ場所』です。

木村佳乃さんといえば、映画やテレビ、TVCMなど女優業で活躍している印象が強い御方ですが、「映画プリキュアドリームスターズ!」は作中に登場する青いキツネのキャラクター『シズク』役も務め、木村佳乃さんの声優業・歌唱業が一度に楽しめる貴重な機会となっております。

「カンフーパンダ」が好きなので、声優業での活躍こそ知っていましたが(作中に登場するマスタータイガー役を務めるのは木村佳乃さん!)、歌手業までやっていたことは、今回の起用までワタクシも存じておらず、驚きでした。木村佳乃さんは過去に3枚もアルバムを出しており、今となっては間が空いてしまっていますが2000年頃に精力的にリリースを行っていたようです。

木村佳乃さんのMステ事件

 そんな木村佳乃さんが、テレビ朝日の音楽番組「ミュージックステーション」の3月17日の放送に出演し、『君を呼ぶ場所』を披露しました。16年ぶりの音楽番組生出演ということで注目もされておりましたが、実はこの放送での歌唱が一部の視聴者からは「下手」なんて声もあがっていたりします。

かくいう私も放送を見て、ちょっとビックリ。音がやや外れ気味というか、なんというか・・・とにかく生放送らしい、緊張感を感じる放送でした。正直、これを見て、「映画、大丈夫なのか?」とやや不安には感じておりました。

しかし実際に映画館でこの曲を聴いてみて、そんな印象は吹き飛びました。

「君を呼ぶ場所」は映画で本領を発揮する!

実は木村佳乃さんの「君を呼ぶ場所」は、「映画プリキュアドリームスターズ!」とセットで完成する一曲だったのです。

今回の映画で初登場するキャラクター、少女サクラと、前述の木村佳乃さん演じるシズクが出会い、親しくなっていくまでのエピソードが作中で描かれるのですが、このシーンで流れるのが「君を呼ぶ場所」です。このシーンの「君を呼ぶ場所」が非常に良い仕事をしています。映画のあるタイミングでサクラの思い出として、このシーンが流れるのですが、映画の展開と相まって、染みるんです!画と話と曲の美しさが絶妙な調和をもたらし、観ているワタクシに強い感動を与えてくれました。

改めてこの曲の歌詞を調べて分かったのですが、この曲は思いっきり、映画のエピソードを前提に書かかれた曲でした。そりゃあ、胸を打たれます。エンディングでも改めて、この「君を呼ぶ場所」が流れるので、「君を呼ぶ場所」の『君』とは誰なのか。改めてそんなことを考えながら、エンドロールを鑑賞するのをオススメしたいと思います。ワタクシ、「君を呼ぶ場所」の本当のパワーを分かっていなかったことを映画館で思い知らされました。


そんなワケで「映画プリキュアドリームスターズ!」は、ミュージックステーションで「えー」という印象を持った人こそ必見。映画館で木村佳乃さんの「君を呼ぶ場所」の本当のポテンシャルを味わいに行ってみてはどうでしょうか。

プリキュアの可愛さやキッズの応援だけでなく、最良の状態で「君を呼ぶ場所」を味わえる機会としても「映画プリキュアドリームスターズ!」を推奨したいと思います。

もどかしく鑑賞してたあなたに朗報!「プリキュアドリームスターズ!」でついに応援上映が開催!

ABOUTこの記事をかいた人

ネジムラ

普段は缶バッジ販売専門店「カンバーバッチ」のオーナーやってます。その傍ら個人ブログとしてアニメ映画情報ブログ「ねじまき恋文のヤブレター」を公開中。国内外問わずアニメ映画を中心とした有益な情報を多くの人に提供できるよう努めて参ります。