『 ましろ色シンフォニー 』の乾紗凪(さな)は、サブヒロインから人気ヒロインへと昇格した、奇跡の美少女!

今回は、『 ましろ色シンフォニー 』というゲーム・及びそれを原作としたTVアニメに登場する、乾紗凪というキャラクターについて触れてみようと思います。

スポンサーリンク

ましろ色シンフォニー (ましフォニ)は学園純愛系ストーリー

『ましろ色シンフォニー』(ましフォニ)とは、元は「ぱれっと」から発売されたPC用のアダルトゲーム(エロゲ)です。その後2011年には新たなストーリーと新ヒロインを追加して、PSPに移植。同年、TVアニメ化も果たしています。

主人公である新吾の通う学校が経営難に陥り、名門女学校である私立結姫女子学園と統合することに。仮統合の選抜メンバーに選ばれた新吾は、妹の桜乃と共に結女へ。そこで、男子の受け入れを快く思っていない、瀬名愛理(メインヒロイン)と出会う。

というところからストーリーははじまります。その後、他のメンバーとも出会い、親しくなっていったところで、各ヒロインごとのルートへ突入。

ましフォニは甘く時に切ない純愛ストーリーとしての評価が高く、キャラクターデザインを和泉つばすさんがやっていることからも、今尚多くのファンに支持され続けている作品です。

 TVアニメ版は、最も評判の良いルートを放送

TVアニメ版のましフォニは、PC版で最も評価の高かった、天羽みうというキャラクターのルートを描きました。

彼女は身長が146cmと小柄で、見た目も幼く、そのため初登場時は新吾に後輩と勘違いされました。けど、彼女は新吾の先輩です。面倒見がよく、包容力もあり、接すれば接するほどお姉さんオーラが見えてくるギャップの塊です。

みう先輩には、乾紗凪という彼女のことを慕っている後輩の女の子がいます(新吾とは同学年)。百合を感じさせるほどの慕いっぷりがそこかしこで描かれていますが、残念ながら(?)ましフォニは百合モノではありません。

ましろ色シンフォニー 乾紗凪

紗凪は元気で優しく、だけどちょっぴり口の悪いところもあるBカップ。尊敬するみう先輩に近づく新吾を警戒するも、彼と接していくうちに、少しずつ心をひらいていき……。

みう先輩ルートでは、この紗凪とのやり取りが多く、途中までは「紗凪ルート」なのでは? と思われるほどの急接近を果たします。

けれど、心を開き次第に好きになっていってからの――失恋です。それはもう、みう先輩ルートですから。途中でルート分岐することもなく、あくまで紗凪はサブキャラクター。パッケージにも彼女の姿はありません。

新吾とくっつくみう先輩を応援しつつ、冷たい雨の中、公園で佇むという心痛い展開に。

よくネット上で、主人公と結ばれなかった負けヒロインのことを「滑り台」と評しますが、これはこのシーンの紗凪から来ています。

要約すると、反抗的→親しくなり→デレてくる、というヒロイン級の振る舞いをしつつも、実はサブヒロインで攻略出来ませんという不幸なキャラクターでした。

とはいえ、このみう先輩ルートも涙なしには語れないエピソードなのです。紗凪を冷たい雨に当てさせたからと言って、みう先輩のことは責められません。そもそも、みう先輩に罪はないです。

それだけに辛いものがあります。

敗北からの一大出世

と、ここで終わっていれば可哀想なキャラクター止まりなのですが……。

ところがどっこい、発売後に行われた人気投票では、みう先輩を抜いて一位を獲得

みう先輩のキャラクターやルートの評価も高いのですが、それ以上に紗凪のエピソードに心を打たれてしまった方が多かった模様。

その後発売されたPSP版では、晴れてメインヒロインに昇格。特典グッズや、抱き枕などなど、商品化にも恵まれ一躍ましフォニを代表するヒロインに!

しかも、紗凪ルートのシナリオは全ヒロイン中最も長いという神のような扱い!

それだけではなく、2012年の冬コミでは、「紗凪ちゃんとオ○ニーを見せあいっこするCD 一緒に紗凪ニーしよ」などというとんでもないCD付きの抱き枕まで販売されました。

抱き枕が販売されたぱれっとブースは、チケなしでは購入できないほどの人気枠。もんもんとしながら通販を利用した方も多かったかと思われます。実は筆者もry。

 

そんな、負け組サブヒロインから、メインヒロインへの昇格&超優遇キャラクターへと進化した、奇跡のヒロイン。

なのに、アニメでは恋に敗れてしまったルートのみを放送したという。

せめて、アニメが2クールだったら!みう先輩ルートも感動的なだけに、いろいろと思うところのあるアニメでした。

ちなみに、ゲームのOPとアニメのEDも評価が高いので、こちらも一度は耳にいれておくことをオススメします。

あのアニメサイトで良く見るネットスラングの語源って?「 滑り台 」編

ABOUTこの記事をかいた人

星崎梓

ライトノベル作家をしています。処女作は『ガンズバースト・オンライン』。 今一番推しているカプはごちうさのシャロリゼ、シャロブル。最近ワートリが熱い! 面白い記事を書けるようがんばりますので、よろしくお願いします。 ∠゚ワ^)☆かしこま