クラシカロイド 第25話「 宇宙からのアンコール 」【感想レビュー】

皆さん、先日のエイプリルフールはどんな嘘を楽しまれましたか?

当方は企業の嘘サイトなどを楽しむ余裕もなく、ごくごく普通の土曜日として過ごさざるを得ませんでした……とりあえず春休み早く終わって欲しい……。

そんなエイプリルフールに最終回を迎えた「 クラシカロイド 」、その予想外すぎるあらすじと感想に参りたいと思います!

スポンサーリンク

クラシカロイド 第25話「 宇宙からのアンコール 」♪

突如として地球上の各地に出現したUFOに、バッハはこの未来を予見していたことを明らかにする。

そして彼ら地球外生命体がやってきたときこそ、音楽によるコミュニケーションを図るべきだと考えてオクトヴァを開発してきたと語る。

その間に、音羽博士はUFOの中に取り込まれていた。

UFO内部に巨大なマイクが設置されていることを知った奏介は、地球外生命体が地球の音楽を求めてやってきたと知って歓喜。自らUFOに取り込まれ、自信満々でオリジナル曲を披露する。

するとそのあまりのできばえに激怒した地球外生命体は地球に対して攻撃を開始。

バッハは、これを止めるにはオクトヴァを起動させ、クラシカロイド8人によるムジークによるコミュニケーションを図るべきだと主張した。

しかし音羽館のクラシカロイドたちは、バッハの独りよがりな計画と押しつけがましい態度に反発の姿勢を見せ、応急処置で修繕されたオクトヴァの起動に協力しようとしない。

バッハ様がよく意味深に空を見上げていたのは伏線だった

いやー……まさかこんな展開になるとは思ってもいませんでした。いきなりボイジャーのゴールデンレコードが出てくるとか予想してなかった。

ボイジャーが地球を旅立ったのは1977年のことなので、筆者も生まれる前ですね。宇宙とクラシカロイドがどう繋がるのか本当にわかっていなかったので、まさかこんなものを持ってくるとは思いもしませんでした。

バッハ様がことあるごとに空を見上げて気難しいお顔をなさっていたのは、ラスボスとか主人公が物思いにふけってよくやるアレではなかったのは驚きです。

宇宙で自分の楽曲が聴かれていることを感じていたとか誰が予想できるでしょうか。

こう考えるとバッハ様、先見の明があると言うよりもはやちょっと電波です。誰だよバッハ様をこんな風に育てたの。音羽博士か!なら仕方ないな!!

奏介の歌で地球がピンチに

クラシカロイド 第25話「 宇宙からのアンコール 」

画像引用元:©BNP/NHK・NEP

そして、かつて歌苗ちゃんの学校で一騒動を巻き起こした奏介。相変わらず底抜けの楽観思考と妄想パワーでUFOに突撃し、見事地球を危機に追いやりました。

お前一応準主役キャラじゃないのかよ!!!

いやー、そりゃまあゴールデンレコードに収録されてる各国の楽曲に憧れて地球にやってきたのに、奏介の鬱ソング聴かされたら激怒もするよね……。

しかし奏介はやはりこの作品における一般人、もしくはアーティストファンの代弁者であるのか、地球外生命体といえども一ファンとして心理を理解し、見事通訳としての活躍を見せました!

また歌苗ちゃんはクラシカロイドという自由奔放なアーティストをまとめ上げる指揮者の役割を果たし、二人の導きによってクラシカロイドたちの音楽を地球外生命体のステージに届けることができました。

バッハ様みたいに先だけを見て動いている先導者気質の方よりも、よりクラシカロイド全員に寄り添って同じ目線でものを見る歌苗ちゃんのほうが、天才たちは共感しやすいんでしょうね。

ところでこのアニメはなにアニメだったのか。

クラシカロイド 第25話「 宇宙からのアンコール 」

画像引用元:©BNP/NHK・NEP

しかしアレですね!!まさかクラシック音楽をテーマにしているはずのアニメで、デンドロビウム的なアレとかサウンドブースター的なアレとかが登場するとは思ってもいませんでしたね!!

1話で重機が人型ロボになって踊り始めた時点でもう「このアニメってなにアニメだったっけ」という感想ではありましたが、最終回でもまだこの言葉を言うとは思いもしませんでした。

レーザーを回避する動きめっちゃよかったよ……!!レーザーが追尾してくるとかもよかったよ……!!

でもこれ、クラシック音楽をテーマにしたアニメなので!!!!

最後のムジークシーンは、さすがクラシック音楽アニメという圧巻さでした。きらびやか!豪華!音楽の洪水が視覚化される高揚感!!

見終わってみると、やっぱり「あぁ、音楽がテーマだったんだよな」と不思議な満足感が胸を満たしてくれました。

いい終わり方で、今後の日常も見守っていきたい気持ちになりましたね。

 

これにて「 クラシカロイド 」全25話を完走したわけですが、やはり楽しかったですね!!二期も確定しているということで、すでに心待ちになさっている方も多いのではないでしょうか!!

次回は総括コラムで、全話見終わった感想を語り尽くしたいと思います!

クラシカロイド 感想レビューまとめ

ABOUTこの記事をかいた人

井之上

濃いめのオタク。実家がオタクだったせいで自然学習されてしまった年齢に見合わないオタ知識のせいで年齢詐称を疑われることもしばしば。家事育児と投稿小説製作の合間に少しだけライターとして書かせていただいています。