エロマンガ先生 3話目「全裸の館と堕落の主」【感想レビュー】

エロマンガ先生、3話目「全裸の館と堕落の主」が放送されました。題名からして、「全裸ってまさか、ね…?」と期待していたら、そのまさかだった今回!

スポンサーリンク

エロマンガ先生 3話目「全裸の館と堕落の主」の全裸とは!

始まりは、めぐみがクラスメイトを引き連れて政宗の家の前で叫ぶところから始まります。

家の前で、「和泉さーん!学校に来てー!」と叫ぶ集団!気づいた政宗は一目散に飛び出し、やめてくれと大絶叫。

そんなことしたら、余計に学校に行かなくなるわ!という政宗に、本当に賛同しました。余計に行きづらくなるわ、そんな学校。

なんとか穏便にめぐみを説得した政宗、クラスメイト達には帰ってもらい、めぐみも帰らせようとしたとき、めぐみが家の塀の上に置かれた回覧板に気づきます。

隣の家は古びた洋館

回覧板が回ってきたということは、次に回さなくてはいけません。

そこで、隣の古びたお化け屋敷みたいな洋館の話題が。洋館は空き家だからと話していると、なんとめぐみが窓に人影を発見!

そして、紗霧が隣の洋館からピアノの音が聞こえると訴えてきます。いやいや、隣は空き家だっただろうっと政宗が紗霧を落ち着かせようとしていると、なんと、軽快なピアノの音色がお隣さんから聞こえてくるじゃありませんか!

ビビる兄妹。

古びた洋館いたものの正体とは?

そして、妹の見事な作戦にコロッとやられて、政宗は回覧板をもってお隣に様子見がてらでかけていきます。

そして、空いていた窓からそっと覗くと、なんとそこには可愛らしい金髪の女の子がまさかの姿でピアノを弾いている姿が――……!

全裸でピアノキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

どっかで見たことがある女の子だと思ったら、この間出版社で会った「山田エルフ」。

そう、彼女はなんと偶然にもお隣に引っ越してきたのです!

でも、なんで裸?

政宗が、なぜ裸でピアノ弾いてるんだと質問すると、エルフは「趣味よ!」と一言。彼女曰く、全裸でピアノを弾いていると良いアイディアが浮かぶそうです。

ラノベ作家って、いろんな方がいるんですね…。

割りと意気投合する政宗と山田エルフだが・・・

エロマンガ先生 3話目「全裸の館と堕落の主」【感想レビュー】

画像引用元:©2016 伏見つかさ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/EMP

改めて再会した二人、自然と話の内容はエロマンガ先生のことに。エロマンガ先生に小説の挿絵を描いて欲しいと諦めないエルフに、政宗は提案します。

「面白い小説を書いたほうが、エロマンガ先生に挿絵を描いてもらう」と。

こうして、二人はエロマンガ先生をかけて小説で勝負をすることになったのです!と言っても、別段不仲なわけではなくて。

政宗はエルフの家に行ったりして、いろいろとお互いの小説について話したりするわけです。

そこで、小説を書くときの方法や姿勢を話し合ってみるわけですが。政宗はエルフとの小説に対しての姿勢の違いをしり、少しがっかりします。

そんな政宗の気持ちを知ってか、エルフが宣言します。

「仕事しているところが見たいの?なら、明日仕事するから良かったら見に来なさい!」

続きが気になる終わり方だなー!

こうして幕を閉じた3話目。妹の紗霧に、紗霧の同級生のめぐみと、個性的な女性キャラクターに負けず劣らずの個性を持つエルフ。

今後も可愛らしい女の子達に、政宗がどんなふうに振り回されるのか楽しみですね!

エロマンガ先生 2話目「リア充委員長と不敵な妖精」【感想レビュー】