MF文庫J「ようこそ実力至上主義の教室へ」2017年夏TVアニメ化決定

MF文庫Jにて刊行中のライトノベル『ようこそ実力至上主義の教室へ』が、2017年7月にTVアニメ化されることが決定しました。

『ようこそ実力主義の教室へ』は、衣笠彰梧さんとイラスト・トモセシュンサクさんによる小説が原作の作品。

スポンサーリンク

2人は、ゲーム『暁の護衛』『レミニセンス』を手掛けたコンビでもあり、初のライトノベル作品となる本作では、「本当の実力」「本当の平等」とは何か?というテーマで、新たなる学園黙示録が描かれている。

希望する進学、就職先にほぼ100%応えるという全国屈指の名門校だが、実力があるものだけが好待遇を受けられるというアメとムチの学校、高度育成高等学校を舞台に、主人公・綾小路清隆は、不良品が集まる場所と揶揄される最底辺のDクラスに配属されてしまうところから始まる物語。

TVアニメ『ようこそ実力至上主義の教室へ』は監督2名によるW体制であることも発表され、現在その監督両名が誰かを当てるキャンペーンをTwitterにて実施。
詳しくは公式サイトをご参照ください。

公式サイト:MF文庫J『ようこそ実力至上主義の教室へ
©衣笠彰梧・株式会社KADOKAWA刊/ようこそ実力至上主義の教室へ製作委員会

『 魔界戦記ディスガイア 』シリーズに登場する胸の大きな女の子特集!

RECOMMENDおすすめ記事のご紹介