国産アニメ100周年!未発見のままの最初のアニメ―ションをイマジネーションでよみがえらせる上映会を実施!

2017年5月21日(日)に京都・おもちゃ映画ミュージアムにて、国産アニメーション誕生100周年上映会『下川凹天トリビュートアニメーション&現代のアニメーション作家たち』が開催される。定員30名の事前申込制の企画だ。

この企画では、国産アニメ―ションが生まれた最初期にアニメーションを制作したと言われる下川凹天の未発見作品を、現代のアニメーション作家がイマジネーションでよみがえらせたトリビュートアニメ―ション集の他、下川の漫画作品を元に制作したAnimation As Communicationのアニメーション作品集、現代アニメーション作家による作品などの上映が行われる。

スポンサーリンク

また、おもちゃ映画ミュージアム代表の太田米男さんとAnimation As Communication代表森下豊美さんによるトークプログラムなども予定されている。

おもちゃ映画ミュージアム公式サイト:http://toyfilm-museum.jp/

子ども向けと侮るなかれ!Eテレアニメ「 はなかっぱ 」について語る

ABOUTこの記事をかいた人

ネジムラ

普段は缶バッジ販売専門店「カンバーバッチ」のオーナーやってます。その傍ら個人ブログとしてアニメ映画情報ブログ「ねじまき恋文のヤブレター」を公開中。国内外問わずアニメ映画を中心とした有益な情報を多くの人に提供できるよう努めて参ります。