僕のヒーローアカデミア 2期 第9話(22話)「爆豪VS麗日」【感想レビュー】

僕のヒーローアカデミア22話「爆豪VS麗日」が放送されましたね。遅すぎて、皆さんもう視聴されてると思いますが(笑)

スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミア 2期 第9話(22話)「爆豪VS麗日」

今回、題名通り一番の見どころは爆豪VS麗日!

どう見ても悪役の様な顔をしている爆豪勝己と、可愛らしいヒロインタイプの麗日お茶子。誰がどう見ても応援したのはお茶子ちゃん!

お茶子ちゃん頑張れ!負けるな!と、テレビ画面の前から応援しながら始まった今回の試合。

自分の手で触れて初めて個性を発動することができるお茶子は、先手必勝とばかりに爆豪に突っ込みます。そして、爆破されてしまいます。女相手でも容赦ない、流石爆豪。

個性で苦戦を強いられるお茶子ちゃん!

しかし、そんな一撃でやられるお茶子ちゃんじゃありません。服をおとりにして、爆豪の意識をそらしたりと、これまたなかなかの試合。

お互いの個性を駆使して、試合に挑む姿は流石次世代のヒーローを目指しているだけあります!

個性的に苦戦を強いられているお茶子ちゃん。

爆豪の爆破に何度吹っ飛ばされても立ち向かう姿に、段々と観客も見ているのが辛くなっていきブーイングが始まります。

はたから見たら、力の差は歴然なのに場外に出すこともなく戦い続ける爆豪はまさにヒール!

そんなブーイングに、実況中継室にいた相澤先生が放送を使ってブーイングを治めます。

爆豪はお茶子の力を認めているからこそ、警戒しているのだからと。

そして、転機が訪れます。

ずっと防戦一方に見えていたお茶子ちゃん。

しかしその実、最大の攻撃をする準備をしていたのです。勝つ!勝って、私もデクくんみたいに……!

まさかの展開に、観客共々騒然。ちゃんとお互いの個性を理解したうえでの戦略に、お茶子ちゃんの凄さに拍手しました。

そして、試合は決着がつきます。その勝敗は……―-。

お茶子は正々堂々と戦った

僕のヒーローアカデミア 2期 第9話(22話)「爆豪VS麗日」【感想レビュー】

画像引用元:© 堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会

試合を見終えた出久は、控室に向かいます。

その途中、なんと試合を終えた爆豪とばったり!速攻文句を言い、お前の入れ知恵だろうという爆豪。

でもそれは違います。お茶子は出久が用意した試合対策のノートを断り、正々堂々と戦ったのです。

出久はそれをはっきりと告げます。それを聞いた爆豪は……。

覚悟を決めて試合会場に向う出久

さて、我らが主人公緑谷出久の試合がそろそろ始まる時間です!

控室でお茶子に背中を押してもらった出久は、覚悟を決めて試合会場に向かいます。

しかし、その途中。なんと、試合相手轟の父親、エンデヴァーと遭遇します。

そして、彼が口にした言葉に出久は真っ向から言い返すのです。

「僕はオールマイトじゃありません。轟くんも、あなたじゃない」と。

エンデヴァーにそう言い残し、試合に向かう出久。

ついに、出久VS轟の試合が始まる――!!

はい、今回はここで終了しました!

続きが気になるどころの話じゃありませんでした!!早く、早く次の話をー!!と、続きが楽しみな作品ですね!

僕のヒーローアカデミア 2期 のまとめ