画業30周年記念!伊藤潤二作品から何かがアニメ化決定!

「富江」など、怪奇漫画でお馴染みの漫画家・伊藤潤二さんの画業30周年を記念して、伊藤潤二さんの作品のアニメ化が行われることが発表された。現在のところ、具体的な作品は明らかにされていないが、朝日出版公式サイト内・“伊藤潤二の呪いの館”にて、続報が入り次第発表される。伊藤潤二さんの作品の実写映像化はこれまで複数回果たされているものの、アニメ化は2011年に「ギョ」がOVA化されたのみである。

また2017年7月~9月にかけてヴィレッジヴァンガード、丸善ジュンク堂書店、明林堂書店、有隣堂の特定の店舗にて『夏の伊藤潤二フェア2017』が開催される。フェア対象作品を購入すると複製サイン入りオリジナルイラストカードや、単行本未収録ショートコミックエッセイ『溜池』が読めるQRコードが入手できる。

伊藤潤二の呪いの館:http://publications.asahi.com/junji_ito/

本当にオススメできるアニメ・マンガの実写化作品まとめ【ホラー・怪奇漫画編】

ABOUTこの記事をかいた人

ネジムラ

普段は缶バッジ販売専門店「カンバーバッチ」のオーナーやってます。その傍ら個人ブログとしてアニメ映画情報ブログ「ねじまき恋文のヤブレター」を公開中。国内外問わずアニメ映画を中心とした有益な情報を多くの人に提供できるよう努めて参ります。