オタワ国際アニメーションフェスティバル2017の長編コンペ!ノミネート5作品中2作が湯浅監督作品という快挙!

世界4大アニメーション映画祭の一つ『オタワ国際アニメーションフェスティバル』の長編コンペティションにて、日本作品から「夜は短し歩けよ乙女」と「夜明け告げるルーのうた」の2作品がノミネートされていることが明らかとなった。

ノミネート5作品中、2作品が湯浅政明監督作品という異例の事態となっており、結果発表前からすでに快挙を果たしているとも言える。その他のノミネート作品にはアメリカ作品「Torrey Pines」、韓国作品「My Dogs, Jinjin & Akida」が選ばれていることも発表されており、これらの作品とグランプリを目指し競い合う。

映画祭は2017年9月20日~24日の日程で開催される。オタワ国際アニメーションフェスティバルの長編コンペティションにおいて日本作品がグランプリを取ったことはないだけに、今年は初の受賞に期待がかかる。

また、4歳から8歳を対象にした作品の部門・プレスクールコンペティションでは、宮澤真理さんの「こにぎりくん うんどうかい」もノミネートされている。こちらの賞の行方にも注目だ。

オタワ国際アニメーション映画祭公式サイト(海外):https://www.animationfestival.ca/

せめて心だけでも海外へ。異国情緒系アニメおすすめ5選

ABOUTこの記事をかいた人

ネジムラ

普段は缶バッジ販売専門店「カンバーバッチ」のオーナーやってます。その傍ら個人ブログとしてアニメ映画情報ブログ「ねじまき恋文のヤブレター」を公開中。国内外問わずアニメ映画を中心とした有益な情報を多くの人に提供できるよう努めて参ります。