戦姫絶唱シンフォギアAXZ 感想コラムのまとめ

一にして全てなるモノが死を灯す。


2012年の 戦姫絶唱シンフォギア シリーズ第一弾放映以来、登場キャラクターが歌を謳ってバトルアクションを繰り広げる斬新なオリジナリティのストーリーは、「戦姫絶唱シンフォギア」シリーズの魅力は、最新作「 戦姫絶唱シンフォギアAXZ 」でも余す所なく満喫する事ができます。

それどころかスタッフは更なるクオリティアップを目指して日々制作されていて、放映から5年たった今でも、現状に甘んずることのない、攻撃的でチャレンジャブルなアニメに仕上がっています。

スポンサーリンク

戦姫絶唱シンフォギアAXZ 第1話「 バルベルデ地獄変 」【感想コラム】

戦姫絶唱シンフォギアAXZ

夏休みの登校日、課題をやってこなかった件で絞られた響を励ます未来。平穏な日常を満喫している中、「シンフォギア装者」として緊急招集がかかり響が超常災害対策機動部タスクフォースS.O.N.G.本部へ向かうと、バルベルデにおいて「アルカノイズ」の軍事利用が発覚。

周辺地域住民を危険にさらす行為に、本来は対人作戦を行うことのないシンフォギア装者たちだが制圧行動を開始する。

続きを読む

戦姫絶唱シンフォギアAXZ 第2話「 ラストリゾート 」【感想コラム】

戦姫絶唱シンフォギアAXZ

サンジェルマンたち錬金術師の動向を探っていた藤尭、友里がヨナルデパズトーリに襲われる中、救援に駆けつけたマリア、切歌、調。しかし錬金術によってヨナルデパズトーリは如何なるダメージをも無かったことにできる無敵の体を得ており、有効手段が見つからない。

撤退も遅々として進まない中、響、翼、クリスは敗走した軍人たちを追っていた。

続きを読む

戦姫絶唱シンフォギアAXZ 第3話「 歯車が描くホロスコープ 」【感想コラム】

アンティキティラの歯車によって再起動したオートスコアラー、ティキ。その起動を見越したように、パヴァリア光明結社の局長、アダムが連絡を取ってくる。

フィーネの残り香とも言えるシンフォギアの解析、対策よりも、破壊した方が早いと告げた声にサンジェルマンは驚愕に目を見開く。

続きを読む

戦姫絶唱シンフォギアAXZ 第4話「 黄金錬成 」【感想コラム】

前回、翼とマリアが持ち帰ったバルベルデ政府の機密資料が、かつてのドイツ軍で採用されていた暗号で記述されていたため、松代にある旧「風鳴機関」本部へとやってきたSONG。

暗号解読のために最高レベルの警戒、そして住人たちに迷惑がかかる退去指示まで行う事態に不満を持ちつつも、暗号解読が達成されるまでの間それぞれに周辺警備へと気を配る。

続きを読む

戦姫絶唱シンフォギアAXZ 第5話「 虚構戦域に命を賭して 」【感想コラム】

アダムによって旧風鳴機関本部が灰燼と帰し、機密資料も失われたことで装者たち全体に敗北ムードが漂う。

そんな中、リンカーに頼らなければ充分な戦力にも慣れないもどかしさに居ても立ってもいられなくなった切歌、調は、適合係数不足の中イグナイトモジュールを発動させたバックファイヤのダメージも癒えぬまま、少しずつでも力をつけようと特訓を繰り返す。

続きを読む

戦姫絶唱シンフォギアAXZ 第6話「 決死圏からの浮上 」【感想コラム】

シンフォギアとその装者を打倒するため、巨大アルカノイズと大量のアルカノイズを投入してきたパヴァリア光明結社。

一般人の被害を防ぐためにも、響、翼、クリスはヤマタノオロチ型巨大アルカノイズに挑むが、それは頭部を破壊されない限り分裂して個別行動が可能になるアルカノイズだった。

続きを読む

戦姫絶唱シンフォギアAXZ 第7話「 ARCANA No.00 」【感想コラム】

誰かのために戦っているのなら話して欲しい、話せば手を取り合えるかも知れないという響の言葉を、理由無く虐げられたことがない人間の偽善と吐き捨てたサンジェルマン。

しかし響自身も理由無く虐げられたことがあってなお手を伸ばしていると理解し、サンジェルマンははっきりと動揺を見せる。帰投した錬金術師三人はアダムへの報告を行い、勝手な言い分ばかりのアダムに反発を強めていく。

続きを読む


毎週放送のアニメを見て続き物の感想コラムを作ってみたい!そんなコラムニストなあなたは、是非あにぶでコラムを入稿してみませんか?ライター募集のページからいつでもライターとして活躍する事ができますよ!

第4期、第5期同時決定!『 戦姫絶唱シンフォギア 』シリーズのビジネス戦略

2016.03.06

ABOUTこの記事をかいた人

あにぶ編集部

アニメコラムサイト「あにぶ」の編集部です。「あにぶ」は、まだまだオタクではない人、アニメに少し興味があるといった、”アニメ初心者”向けの入門サイトです。コンセプトは、「アニメを知らないあなたのためのアニメ入門サイト」。皆さんに読んで頂けると嬉しいです。