踊り念仏じゃないけれど!せっかくなのでオススメしたい「 戦姫絶唱シンフォギア 」楽曲!

今週はまさかのライブダイジェストで、大詰めの10話を放送しないという思い切りの良さを見せてくれました「 戦姫絶唱シンフォギア AXZ 」!

2018版ライブが3月の3日4日に開催決定という告知も兼ねてのことと思いますが、かなりたっぷり見せてくれました。毎度行きたくても行けないという辛酸を舐め続けている筆者的には非常に嬉しかったです!!

誰だ踊り念仏って言った子は!!!

しかしせっかくなので、今期からシンフォギアシリーズに触れた皆様に!オススメしたいシンフォギア楽曲をご紹介していきたいと思います!

厳選するつもりだけど曲が多いから厳選しきれずめっちゃご紹介するかも知れませんが許してね!!

スポンサーリンク

とりあえずツヴァイウイング時代の曲は全部聴いて欲しい

新規ファンからしたら「ツヴァイウイングってなんやねん」ってところから始まると思いますが、ツヴァイウイングとは翼さんが響ちゃんと出会う前に組んでいたアイドルユニットの名前です!

シンフォギア適合者が翼さんと奏さんしかいなかったこともあり、互いに寄り添い支え合いながら立っている様が曲の歌詞にも現れていて、さらに1話でがっつり視聴者から「視聴決定!」を毟り取ったキャッチーな曲調が最高ですよ!

踊り念仏じゃないけれど!せっかくなのでオススメしたい「 戦姫絶唱シンフォギア 」楽曲!

画像引用元:©Project シンフォギアAXZ

「逆光のフリューゲル」

シンフォギアと言えば、この曲を外すことはできません。ツヴァイウイングのライブシーンで披露されたこの曲は、1話開始早々に視聴者の胸倉をひっつかんで、ほら視聴決定だろ!?と言わんばかりに引きずり込んだ楽曲です。

曲自体作中でも繰り返し使用され、「戦姫絶唱シンフォギアG」以降、「虹色のフリューゲル」としても登場しています。アイドルらしい希望に満ち満ちた歌詞もいいんですよ。これが流れたときはまさか1話であんな急展開するなんて思ってなかった。

これは是非とも1話のライブシーンとともに聞いていただきたい一曲。超テンション上がります。

「ORBITAL BEAT」

なんのつもりの当てこすり……!!

失礼しました。この曲もツヴァイウイングの持ち歌。

「戦姫絶唱シンフォギアG」では、私立リディアン音楽院の学園祭にやってきた切歌ちゃんと調ちゃん(当時は敵)が歌ったことで翼さんが上記のセリフを漏らしながら憤慨していました。

「逆光のフリューゲル」のカップリング曲として収録されていますが、フリューゲルが希望に満ちたキャッチーさで魅了してくれるのに対し、こちらはシンフォギア装者としての覚悟を匂わせる格好良さ。

「君ト云ウ 音奏デ 尽キルマデ」

こちらは「 戦姫絶唱シンフォギア 」1話でただ1回披露された、奏さんのキャラクターソング。他のシンフォギア楽曲と違い、特撮作品でネタバレ歌詞をガンガン出してくれることに定評のある藤林聖子さんが作詞を担当しているので、もう……歌詞を見たら奏さんがどうなるのかはっきり分かってしまうという残酷さ。

しかしネタバレを含んでいるからこそ、奏さんが翼さんにどう生きて欲しいのか、自分にとって翼さんがどんな存在だったのか、さらに翼さんに対して自分がどういう役割を持っていると考えていたのかが直球で理解できる良曲です。

リリース時は「戦姫絶唱シンフォギア」BD/DVD第1巻初回限定版を購入しないと入手できない鬼仕様でしたが、現在はiTunesで配信もされています。

同じ曲調で、響ちゃんの歌う「私ト云ウ 音響キ ソノ先ニ」もありますがそちらもいい曲なんだ……!!

作品の背景と一緒に楽しんで欲しい楽曲

上記3曲は、ある意味で「これがなかったら今のシンフォギアはなかった!」という楽曲です。どれもいいぞ本当に。

続いては、作品世界の背景設定とかを踏まえて聞くと「うぉあああ……!!」と呻いてしまいたくなる曲をご紹介。

どれも単品で聞いても良曲ですが、アニメ踏破したり、せめてスマホゲーム「戦姫絶唱シンフォギアXD」で各ストーリー部分を楽しんでから聞いてもらえると良さが倍増すると思います。

「陽だまりメモリア」

こちらは 響ちゃんの正妻 未来さんのキャラクターソング。BD/DVD第4巻初回限定版に封入されていた特典ですが、こちらも現在は配信されているようです。

一見、いつもぽかぽかと仲がいい響さんとの関係を歌ったように思えるこの曲ですが、実は第1期「戦姫絶唱シンフォギア」で、響ちゃんが行方不明だった頃の未来さんの心を歌った曲だということが歌詞から推測できます。

もうね、ずっと信じて待ってたんだよねって!この曲一曲で充分に二人の絆を感じ取れるので!この二人が好きな人は是非に聞いてください!!

「繋いだ手だけが紡ぐもの」

敵として登場し、他人と協力することを拒み続けていたクリスちゃんが初めて響ちゃんと翼さんの手を取れたときに歌った曲がこちら。

両親が亡くなって以降大人たちに搾取されるばかりで他人を信用できなかったクリスちゃんが、さらに歌を嫌いすべてを破壊しようと攻撃的な歌詞を歌っていたクリスちゃんがこれを歌ったとき、どんだけの人間が心臓掴まれたことか!!

……なんでこの曲、「戦姫絶唱シンフォギアXD」で流れてくれないんでしょうか。抗議したい。

「教室モノクローム」

「戦姫絶唱シンフォギアG」の学園祭で、クリスちゃんが唄った歌がこちら。

筆者がクリスちゃん推しだからってクリスちゃんの曲ばっかり紹介してるんじゃないぞと思ってる人。違うぞこの曲めっちゃいいからな!?

もうアレです、いいからこの子には幸せになってもらいたい。普通の学校に通うことの心地よさに戸惑い、つい笑顔になってしまう自分を恥ずかしがりながらも誇らしく思いつつあるクリスちゃんを描いた曲なんですが、本当にいいから。いいから聞いてくれ。3期のカップリング曲「放課後キーホルダー」もいいぞ!!

「Rainbow Flower」

聖遺物・神獣鏡を纏った未来さんの「歪鏡・神獣鏡」に返歌する形で歌われた歌がこちら。

CDの関係でテレビでのお披露目前から存在を知られていた曲ではありますが、アニメで使われたときの感動というか、「こんなシーンでこう使うのか……!」という衝撃がすごかったです!

奏さんから受け継いだガングニールが奏でた最後の一曲でもあります。

「手紙」

これ入れなかったら嘘だろって思うので入れます。

本編で未公開の曲ではありますが、2期での切歌ちゃんの苦悩、それを茶化しながら明るく乗り切っていこうとする気持ちがひしひしと伝わってくる曲です。

例えこれが結局黒歴史に変わろうとも!いい曲には変わりないのデース!!

「RADIANT FORCE」

この曲は是非!「戦姫絶唱シンフォギアGX」1話冒頭とともに見てもらいたい!!筆者この回だけ何回リピートして見たか分からないほど激しく好きです!!

なにがなんでも人間を助けよう、犠牲なんて許すものかっていう意気込みが凄く感じられるんですよこの曲。

「グリーングリーン」からの「tomorrow」からの「殲琴・ダウルダブラ」

3期ボス、キャロルちゃんの曲ばかりなんですがこの流れで聞くとキャロルちゃんの背景から最後まで全部理解できて涙腺崩壊するからオススメです。

「グリーングリーン」はみなさん学校の音楽の時間でも何度も聞いたことのあるあの名曲「グリーングリーン」そのまんまなんですが、凄いぞこれは。

「『ありがとう』を唄いながら」

3期でマリア、切歌ちゃん、調ちゃんがマムの幻と戦いながらこの曲流れたとき、本当に死ぬかと思いました。この三人の懺悔と感謝の曲でもあると思うので、切なくも胸が熱くなる曲です。

最後、「セレナぁああああああ!!!」って叫びたくなるのは筆者だけじゃないと信じたい。

問答無用!いろんな意味でオススメできる曲もあり!

ほら……もう厳選どころの話じゃなくなってる自覚はあるんですよ……。だっていい曲ばっかりでさ……。

まぁそんな中でも、2期以降は見てないという人でも聞いて損がないよ!という曲さえあるこのシリーズ本当に侮れません!!

「恋の桶狭間」

翼さんがカラオケに行ったときに歌った演歌ですね。これはもう、なんというか中の人の本領発揮です。

元々演歌歌手を志していらっしゃったという翼さんの中の人、存分に演歌を聴かせてくれます!

「始まりの歌(バベル)」

こちらは全員の聖詠、そして絶唱を一曲に纏めた奇跡の楽曲。全部纏めるとこんな曲になるのかと感動しまくりました。

響ちゃんのパートがガングニール聖詠2回(奏さんから受け継いだガングニールと、マリアから吸収したガングニール)、マリアパートがガングニール聖詠からのアガートラーム聖詠に繋ぐところとか細かくていいですよ!!

「空へ……」

スマホゲームでこれが流れたときぼろ泣きした人、絶対かなりの数に上ると思います。

翼さんから、亡くなった奏さんに向けた歌ですね。もう泣き虫じゃなくなったよ、褒めて欲しいよ。もうあなたよりずっと年上になっちゃったのにね、まだまだ駄目だね。なんていう曲ですよ。泣くしかないだろ。

数が多すぎて紹介しきれないけれども!

上記で、あなたが「あー!これ好き!!」という曲は見つかりましたでしょうか?故意に、極力聖遺物名が入っている曲は抜きましたが、それでもこの多さ。

ちなみに筆者がシンフォギアシリーズの曲で一番好きな歌詞は「滾れ 沸騰せよ このカラダ」です。この作品の熱さが全部この部分に圧縮されているような感じがして狂おしいまでに好き。

4期はまだ残ってますし、さらに5期も決定しているのでまだまだいい曲が噴出してくることが確定しているこの作品。お気に入りの曲が見つかったら是非教えてもらえたら嬉しいです!!

戦姫絶唱シンフォギアAXZ 感想コラムのまとめ

ABOUTこの記事をかいた人

井之上

濃いめのオタク。実家がオタクだったせいで自然学習されてしまった年齢に見合わないオタ知識のせいで年齢詐称を疑われることもしばしば。家事育児と投稿小説製作の合間に少しだけライターとして書かせていただいています。