プリンセス・プリンシパル 第10話「case22 Comfort Comrade」【感想コラム】

今週も感想レビューへ行く前に、『プリプリ』のBD&DVDに関する情報が公開されましたのでご紹介します。
なんと、Amazonの『プリンセス・プリンシパル』特設サイトにて、アニメ放送終了後のみ放送された、それぞれのキャラクターにスポットを当てた特別CMを期間限定で観ることができます。

現在は、Blu-ray&DVD告知CM“ちせ編”、“ドロシー編”、“アンジェ&プリンセス編”の3つが掲載中。

掲載期間はBlu-ray&DVD第1巻発売日の9月27日ということで、TVでは見逃してしまった人はぜひwebでチェックしてみて下さい。

Amazon.co.jp特設ページはこちら

今週も考察、感想、etcをやっていきたいと思います!

スポンサーリンク

プリンセス・プリンシパル 第10話「case22 Comfort Comrade」あらすじ

かつて、ファームと呼ばれるスパイ養成所でアンジェとドロシーの同期生だった“委員長”。彼女は養成所時代、成績が2位から落ちたことのない優等生でもあった。

今回、アンジェ・ドロシー・ベアトリスの3人に与えられた任務は、そんな彼女と共に海軍卿の居城から機密文書を奪取するというものであった。

任務は無事に終了したかに見えたが、アンジェとドロシーにはもう一つの指令が与えられていた…。

かつての同期、真面目すぎる委員長

プリンセス・プリンシパル 第10話「case22 Comfort Comrade」【感想コラム】

画像引用元:© Princess Principal Project

それは、まだアンジェとドロシーがスパイ養成学校にいた時のお話。

優秀なスパイを育てることを目的としたその場所は、実力のないものはどんどんと切り捨てられ、気づけばアンジェの同期はドロシーを含めて2人しかいませんでした。

その同期は、その頃から優秀な成績をおさめていたアンジェと肩を並べるほどの実力者の”委員長”さん。メガネを掛けていかにもな彼女とともに、海軍卿の居城の中にある機密文書を奪還するのが今回の任務……というのが””表の情報””。

ドロシー、ベアトともにまずは既に内部に潜り込んでいる彼女と合流するために目的の建物へ。

建物の中では、委員長ちゃんことエレノアがスパイとして潜入し、身分を隠しながら仕事中。作戦決行はクリスマスの夜ということもあり、会話は自然とクリスマスの話題へ。

彼女は『私がなりたくてなれなかった私』と語る古い友人を思い出し、クリスマスは少し憂鬱な様子。常にトップ、常に自分は2位、そんな”なれなかった私”をアンジェに重ねているのでしょうか?

その後、屋敷内で合流した4人は思い出話もそこそこに、手際よくミッションをこなしていきます。

エレノアはその噂通りの実力通り、アンジェと息をあわせ、時にはベアトのボイスチェンジャーを使いながら問題なくミッションを遂行していきます。

その夜は、久しぶりに集まった同期同士ようやく羽をのばして思い出話に花が咲きます。

委員長というのは実際のものではなく生真面目な性格のあだ名であること。常にトップは黒蜥蜴星人もといアンジェで、エレノアはアンジェを意識しているようなところ。そんなたわいもない昔話、一見懐かしい同期が揃った楽しい宴会風景ですが、ドロシーとアンジェはLから別の任務を受けていました。

それは、エレノアが二重スパイの疑いがあることへの調査だったのです。あらら…なんだかきな臭い雰囲気になってきました…。

本当の憧れ

プリンセス・プリンシパル 第10話「case22 Comfort Comrade」【感想コラム】

画像引用元:© Princess Principal Project

アンジェとベアトが委員長の下宿先にて二重スパイのヒントがないか探っている最中に、ドロシーが時間を稼ぎをしていきます。
アンジェたちが自分をスパイと疑われているとも知らずに(いや、あった時点疑われていることは分かっていたのかもしれません)話は、過去のクリスマスの話へ。

まだ養成所にいた時代、ドロシー、アンジェ、エレノアの3人でチームを組み試験に臨みましたが、エレノアが尾行に撒かれるという試験に失敗をする失態をおかしてしまいます。

当然、真面目なエレノアは自分を責めますがドロシーは、失敗したなら遊ぼうと、エレノアを遊園地に誘います。

真面目すぎなエレノアにはそんなドロシーの行動が理解できませんでしたが、結局二人で遊んでしまったことはエレノアにとってはいい思い出になったようでした。

下宿先に戻ったエレノアは、家に仕掛けた罠を確認すると何人かに荒らされていることに気づき、やはり自分が二重スパイとして疑われていることに感づきます。

しかし、これは部屋から証拠が見つからなかったために、あえて痕跡を残しエレノアを泳がせるアンジェたちの作戦。

そんなこととは知らずに自分が二重スパイだとバレたと思ったエレノアはすぐさま駅に向かい逃亡を図ります。

その行動に彼女は黒であると判断し、冷静に対処するアンジェに対して、友人が敵国のスパイで自分たちを騙しているということにまだ心のどこかでは信じられないという思いのドロシー。

『参ったわ…まんまと踊らされたってわけね』

『なぜ裏切ったかは聞かない。それは私達の仕事じゃないから

かつての同期としてではなく、あくまでスパイとしての任務を全うするアンジェ。

しかし、ドロシーの挟み撃ち作戦を無視、エレノアに最後の忠告するアンジェ。

それは、アンジェがエレノアを撃ちたくないという思いとドロシーに引き金を引かせたくないという最後の情。

情報を扱うスパイが降伏や捕まるということは絶対にしては行けないこと、なんとかアンジェから逃げ切ったエレノアは電車で逃亡を図ります。しかし、Cボールをもつドロシーたちからは逃げ切ることは出来ません。

電車の中ではドロシーとエレノア、重たい空気が流れます。

アンジェを出し抜き、この電車までたどり着いたことを素直に褒めるドロシーにとってライバル同士で成績は常にトップ2人はなによりも自慢の友達。

エレノアはそんなドロシーに憧れを抱いていたのです。

常にトップで完璧なライバルであるアンジェではなく、生真面目で型通りにしか生きることのできない自分にはない自由な生き方のできるドロシーは、エレノアにとって非常に眩しく見えました。

しかし、それももう遠い思い出、どこで間違えたのか。2人はこうも違った道を歩んでしまったのです。

『よせ委員長…友達を撃ちたくない…』

二重スパイということがわかった以上、ドロシーも見逃すことはできません。しかし、かつての仲間をこの手で始末することはしたくない…。

『ならクリスマスプレゼントをあげる』

『あなたが友達を撃たなくて済むチケット』

自らのこめかみに当てた銃の引き金を引くエレノア。飛び散る血しぶき。悲壮の表情のドロシー。

『…ありがとな。アンジェ』

『先走ったのは私が委員長を撃たなくて済むようにって考えたんだろ』

『…任務の成功率を上げようと思っただけよ。それだけ』

『まったく…どいつもこいつも嘘つきばっかりだ』

雪の降るホワイトクリスマスの任務はこうして静かに幕を閉じるのでした。

そして、二人にはすぐさま別の任務が与えられます。

それは”プリンセスの殺害”というとびきりのミッションでした。

重い…けど、これがこのアニメ!という回

プリンセス・プリンシパル 第10話「case22 Comfort Comrade」【感想コラム】

画像引用元:© Princess Principal Project

やーもー。そうでした、このアニメって平気でキャラをバンバンと殺っちゃうアニメでしたね。先週の回や最近の日常回、すっかり可愛いキャラクターたちに”騙されて”いました。そんな回です。

委員長ちゃんは凄く良いキャラをしてたので、この展開は辛いものがありますね…。

二重スパイという立場、そして憧れの友達だったドロシーに裏切りがばれ、苦渋の選択の末に友達のため、自ら笑顔で引き金を引く描写はなかなかにキツいものがありました。自ら友人を手にかけることはなかった…果してこれはドロシーにとってハッピーエンドなのか、バッドエンドなのか…。

そしてラストの「どいつもこいつも嘘つきばっかりだ・・・」と言うドロシーの言葉は色々な意味を含んでいてずっしりと重たかったですね。

あとは、序盤でベアトが足跡を指摘された次のシーンあたりで走り方が良くなっていたという気にかけないとわかりにくそうな小ネタもよかったですねー。

そして、ラストに告げられた”プリンセス暗殺”ミッション。

いよいよラストに向けて物語がいっきに動いてきました。果たしてアンジェとプリンセスの結末は!?世界を”騙す”ことが出来るのでしょう。

結末として考えられそうなのは”アンジェがプリンセスの変わり身となる”こと…ですが、そしたらアンジェとプリンセスの約束である二人が助かる世界にはならないので、それはないと思いたい……早く続きが観たい!!!

プリンセス・プリンシパル 感想コラムのまとめ