【さくら】 キズナイーバー 第2話 「こんな異常事態カンタンに飲みこめんなら、バリウムなんざバケツ二杯は軽く余裕だっつーの」【感想コラム】

キズナイーバー

こんにちは。

『 キズナイーバー 』のエンディングテーマ、「はじまりの速度」/ 三月のパンタシアの、購入者特典デザインが公開されましたね。

CDの発売日は、6月1日。全ての特典を集めたくて、販売店を、はしごしてしまいそうです(・∀・;)

オープニングテーマの「LAY YOUR HANDS ON ME」/ BOOM BOOM SATELLITESは、既に、TV MIX ver.が配信されています。皆さま、是非、チェックしてみて下さいね。

では、第2話のまとめを書かせて頂きます。

キズナイーバー 第2話「こんな異常事態カンタンに飲みこめんなら、バリウムなんざバケツ二杯は軽く余裕だっつーの」

まだ、現状を受け入れられず、混乱している「キズナイーバー」たちに、早速、法子から、ミッションが与えられる。

それは「自己紹介」

あまりに簡単な課題に、安堵した「キズナイーバー」たちは、一人一人、名前とクラスを述べていく。
しかし、法子からは「不正解」と言われ、全員が、ペナルティ(身体的ダメージ)を受けることに。

「必要な自己紹介は、傷を分け合う者同士として、互いをより深く知るべく、全てを曝け出すものであるはず」と言う法子。
通常の自己紹介ではなく、最も知られたくない自分の秘密を語ることが、正解のようだが……。
口ごもる「キズナイーバー」たちに、徐々に悪化していくペナルティ。
命がけの自己紹介の結末は――?!

—————————————————————————————————————

初対面ではないにしても、全く仲良くないクラスメイトに、いきなり「最も知られたくない自分の秘密」を、語らなければいけないなんて……。横暴すぎるよ、法子さん。

と思いながら、観ていました。

しかし、この、強制的な暴露大会によって、一気に「キズナイーバー」たちの、距離が縮んだのではないでしょうか。ここから、キャラクターたちが、どう関わりあっていくのか、楽しみです。

そういえば、「キズナイーバー」の1人、牧 穂乃香(まき ほのか)の過去だけが、曖昧にされていましたね。

穂乃香が発した言葉は、果たして真実なのか……?!

気になります。

早く、続きを観なくては!

【さくら】 キズナイーバー 第1話 「一目あったその日から、絆の花咲くこともある」 【感想コラム】

©TRIGGER・岡田麿里/キズナイーバー製作委員会

引用元: TVアニメ「キズナイーバー」公式サイト


※このページは、公開からおおよそ280 アクセスがありました。

ライティング:吉野 亜美 さん

キズナイーバー

お気に入り記事をシェアして下さい

この記事に関するコメント

ABOUTこの記事をかいた人

吉野 亜美

初めまして。 駆け出しライターの吉野と申します。 アニメはもちろん、本(小説・漫画・雑誌など全般)とゲームが大好きです。 私の記事が、作品に触れるきっかけになれば、幸いです。 よろしくお願い致します。