声優もして歌手もこなす『 鈴木達央 』って何者?

suzu

たっつん、たつ兄との愛称でお馴染みの『鈴木達央(すずき たつひさ)』32歳。『達央』の由来は“目標を中央から達成できるような子に育ってほしい、いつも友達の真ん中にいられるような子でいてほしい”という意味が込められている。

日本ナレーション演技研究所名古屋校に3年通ったのちに“アイムエンタープライズ”所属となり声優デビュー。2004年にイベント『セイント・ビースト~ケダモノたちの聖なる宴~』で『Black or White?』を披露しているところを偶然見ていたランティスの社長が直々に歌手デビューへと誘いシングルを発売したが、のちに『OLDCODEX』として再度メジャーデビューしている。

鈴木達央

鈴木達央 さんは、容姿端麗で歌唱力のある声優

くわえて演技力もあるのだが、残念なイケメン部類である。とにかく下ネタが多く、業界・声優ファンのなかでも下ネタの度がすぎるので皆引き気味の時もあったり。逆に真面目な話や下ネタがないと「物足りない」などのコメントが上げられるほど。

キャラソンは抜群◎

キャラ声を維持したままの高度な歌唱力にはメロメロになってしまいます。もちろん歌手活動もしているので自身がでているアニメのEDテーマを歌わせてもらったこともある。キャラソンに関しては人気のあるアニメのキャラを演じているので社会現象になった『黒子のバスケ』や『うたの☆プリンスさまっ♪』など爆発的な人気を誇るアニメが多く、中でも『黒子のバスケ』ではメインキャラクターではないのに当時発売されたキャラソンのソロシリーズで1位の売上をたたき出したほど。それほどの歌唱力があり、今があると言えよう。

「作品には愛をもって」が、鈴木達央 の流儀。

役作りは徹底しているらしく、原作があれば小説だろうが漫画だろうがBLまでも読み込み、仕事への真摯さと取り組みが評価されている。また今年2015年に公開された『図書館戦争-THE LAST MISSION-』では映画俳優デビューもしている。ますます『鈴木達央』に注目。目が離せない。これからどんどんと成長していき各方面で活躍すること間違いなしでしょう!

鈴木達央 さんの主な出演作品

DEAR BOYS(石井努)デビュー作品  獣装機攻ダンクーガノヴァ(加門朔哉)
黒子のバスケ(高尾和成)  うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE2000%(黒崎蘭丸)
Free!(橘真琴)  七つの大罪(バン)  幕末Rock(高杉晋作)
夢王国と眠れる100人の王子様(ユリウス、ヴァイリー)
他 すべてがFになる THE PERFECT INSIDER(山根幸宏)

ABOUTこの記事をかいた人

さっちん

ミーハーな腐女子ゲーマーです。まだまだライター初心者ですが、思わずポチリたくなるような記事をかけることを目指して日々勉強中です。 最近ハマっていることは某◯者の実況を聞くこと♪