素敵なBL純愛作品!劇場アニメ『 同級生 』を観て来ました!ちょっ早レビュー

同級生

先日、2月20日に劇場アニメが公開された『 同級生 』。男子校に通う、2人の恋愛を描いた、ボーイスラブ作品である。つい先ほど、映画を観てきたので、早速、皆さまにご紹介したいと思う。

純愛を描く劇場アニメ「 同級生 」のストーリー

2人の主人公、草壁 光(くさかべ ひかる)と佐条 利人(さじょう りひと)は、男子校に通う、同じクラスの同級生。
だが、髪を金色に染め、バンド活動をしている草壁と、黒髪で、眼鏡をかけている優等生の佐条は、系統が違うため、ほとんど、話をしたことがなかった。

ある日、合唱祭の練習中に、草壁は、近くに居た佐条が、歌わずに口パクをしていることに気が付く。

音楽好きな草壁は、佐条が「歌なんかくだらない」と思って手を抜いているのかと、不快な気持ちになるが、その日の放課後、1人教室に残って、歌の練習をしている佐条を見つける。

佐条は、ただ歌が苦手で、他の生徒たちに迷惑をかけないようにと、歌うのを控えていただけだったのだ。

そんな、佐条の姿に感心した草壁は、翌日から、佐条の歌練習に、付き合うようになった。放課後、2人きりでの練習。一緒に居る時間が増えた2人は、いつしか惹かれあうようになる。

 

神谷浩史さんと野島健児さんの声優ががっちりとタッグ!「 同級生 」の魅力のひとつだ!

草壁役は、神谷浩史さん。そして、佐条役は、野島健児さんが演じている。どちらも、人気の声優さんなので、それだけでも観る価値は大アリだ。

また、『 同級生 』は、ドラマCDも発売されており、そちらにも、主人公役の2人はもちろん、有名声優さん達が出演しているので、是非、チェックしてみて欲しい。

この作品はボーイズラブ、つまり、男性同士の恋愛を描いた物語である。私は、元々、「同性愛」を、素直に受け入れてしまえるタイプなのだが、もしかしたら、「同性愛」作品に、抵抗のある方も、いるかもしれない。

同級生

しかし、それでもあえて、私は、この作品を強くオススメしたい。その理由は、男女の恋愛物語では、なかなか描けない、駆け引きなんてゼロの「純愛」が描かれているからだ。

そう。この映画の見どころは、何といっても、この「純愛」である。全くと言っていいほど、タイプが真逆な、草壁と佐条だが、どちらも、相手を想う気持ち・向き合い方が、非常にピュアなのだ。

時にはぶつかり合い、時には涙し合い、時には愛し合う。

「同性愛」作品を、初めて観るという方でも、真っすぐな彼らの言動に、ときめいてしまうこと間違いナシである。

まだ、『 同級生 』は公開されたばかり。是非、皆さまも、一度、映画館に足を運んでみて欲しい。

 

筆者:槙島さくら

©中村明日美子/茜新社・アニプレックス

引用元: 検索結果 アニメ「同級生」オフィシャルサイト


※このページは、公開からおおよそ327 アクセスがありました。

ライティング:吉野 亜美 さん

同級生

お気に入り記事をシェアして下さい

この記事に関するコメント

ABOUTこの記事をかいた人

吉野 亜美

初めまして。 駆け出しライターの吉野と申します。 アニメはもちろん、本(小説・漫画・雑誌など全般)とゲームが大好きです。 私の記事が、作品に触れるきっかけになれば、幸いです。 よろしくお願い致します。