あのアニメサイトで良く見るネットスラングの語源って?「 滑り台 」編

ましろ色シンフォニー

『冴えない彼女の育てかた』7話で、霞ヶ丘詩羽が澤村英梨々に対して「“ 滑り台 ”はあっちよ連れて行ってあげるわ」と言ったのを覚えているだろうか? また、『少女たちは荒野を目指す』でも、安東テルハが同様の用語を主人公と恋人関係にならなかった“負けヒロイン”に対する用語として使っていた。

あのアニメサイトで良く見るネットスラングの語源って?「 キマシタワー!!! 」編

ネットでも最近負けヒロインを形容する用語として出てきた言葉は、いったいどこ発祥のスラングなのかを今回は解説する。

ネットスラング「 滑り台 」が生まれたのは『 ましろ色シンフォニー 』からだった

この言葉が生まれたのは2011年の10月~12月まで放送の『ましろ色シンフォニー』だ。このアニメの11話では、正ヒロインに選ばれなかった、ヒロイン候補のキャラ達が、正ヒロインと主人公がクリスマス・イブでちちくりあっている同時間に、“女子会”をして、さらにどうしょもない気分を発散する為に、公園の“滑り台”に行くというシーンがネタ元になっている。このシーンで各キャラが、口々に虚しい言葉を発するシーンが当時の視聴者にあまりに強烈な衝撃を与え、そのまま負けヒロインを指す言葉になってしまった。

ましろ色シンフォニー

 

同作の原作は同名の美少女ゲームになっているが、実は美少女ゲームや恋愛シュミレーションゲームを原作にする作品のアニメでは、各キャラに原作のファンがついているため、明確にヒロインを決めてストーリを展開するという方法は珍しい。

大きく2パターンの方法で各キャラのファンに申し訳を立てる。

ひとつは『アマガミSS』や『ヨスガノソラ』のように各キャラのエピソードを扱い、ヒロインの当番回が終わると、また時系列をリセットする「マルチEND方式」で、もうひとつは『AIR』(京都アニメーション版)や『Kanon』(東映アニメーション版)のように各ヒロインの重要エピソードをやりつつも、メインヒロインのルートを最後に持ってくる、「メインヒロイン優遇方式」だ。

他にも、『ワルキューレ ロマンツェ』のように、本筋をやりつつも全く恋愛をしないでギャグ路線で押し切るものや、『恋姫†無双』シリーズのように、意図的に主人公の男性キャラを排除し、百合アニメにしてしまうものなども。

そのどれもが、各ヒロインになるべく優劣をつけないものとなっている。

しかし『 ましろ色シンフォニー 』では、明らかにひとりの人気キャラをメインに中盤辺から話が組まれるという状況で、他のキャラには残酷とも思える、かなり希少な作品形式となった。その辺もこの言葉が広まった原因だろう。

 

筆者:斎藤雅道

タイトル及び画像の著作権はすべて著作者に帰属します。

引用元: ましろ色シンフォニー公式サイト


※このページは、公開からおおよそ1,465 アクセスがありました。

ライティング:斎藤雅道 さん

ましろ色シンフォニー

お気に入り記事をシェアして下さい

この記事に関するコメント