漫画で続編决定!問答無用の異星人とのバトル!アニメ「 GANTZ 」簡単レビュー

GANTZ

先月のあにぶのニュースでも配信したが、奥浩哉さんの描く大ヒットSFアクションマンガ「 GANTZ 」が、新しい動きを見せている。漫画の続編も発表され、アニメ映画の方も2016年にはフル3DCGで制作された映画公開が控えており、なにかと話題になっている「 GANTZ 」をレビューをお送りします。

突然のアクシデントからすべてが始まる「 GANTZ 」ワールド

主人公(玄野 計)はどこにでもいる普通の男子高校生。運動神経は他の生徒に比べて優れてはいますが、本当にその辺で見かける運動神経の良い普通の男の子です。そして、物語は玄野 計が地下鉄の駅のホームに落ちた小学生を助けようとするところから始まります。

 

GANTZ

 

 

小学生を救出するつもりで地下鉄の線路内に飛び込みますが、運悪く電車が到着して、なんと!電車に轢かれてしまいます。アニメを見ている視聴者からすれば、あまりに唐突に、そして素っ気なく轢かれてしまいます。

彼らは死んでしまったのか?

次のシーンでは、玄野 計はアパートの一室のような部屋佇んでいます。玄野 計はまず、自分に何が起こったのか理解できずにいます。部屋の中を見渡すと、室内には中心には「 黒い球 」があり、幾人かの人がいます。彼らの話では、皆も同じように移動してきたと事が解ります。

不十分な情報しかない中で、部屋の中心にある「黒い玉」に文字が浮かび、

「 あなた達はこれから○○星人と戦ってもらいます」

と文字が表示されます。自分が置かれた状況も、そして「黒い玉」の発するメッセージの意味、そして自分の居るこの部屋が何処なのかさえも解らない状態で、玄野 計 は「 GANTZ 」に巻き込まれて行きます。

「 GANTZ 」は3DCG化で更に見応えのあるものに!

2016年には3DCGでの映画公開が決まっており、それに伴い漫画の方もスピンオフ新連載が開始される。昔からの「 GANTZ 」ファンにとっては、まさに狂喜乱舞の映画公開&スピンオフ新連載だが、

「GANTZって見たことないんだよね」

と言う方は、DVDや漫画を通じて、2016年3DCGアニメ「 GANTZ 」の公開前に今一度見直して続編に備えてみては如何でしょうか。異星人VS人間という、男臭い展開にドキドキ・ワクワク!おススメのアニメですよ。

 

監督:板野一郎  出演:浪川大輔・大里雅史・神谷浩史

(筆者:くさなぎゆうき:改変:あにぶ編集部)

© Hiroya Oku/Shueisha © SHUEISHA Inc.

引用元: GANTZ


※このページは、公開からおおよそ4,031 アクセスがありました。

ライティング:くさなぎゆうき さん

GANTZ

お気に入り記事をシェアして下さい

この記事に関するコメント