【はいふり 第12話「ラストバトルでピンチ!」感想】『「家族」と「仲間」と「はれかぜ」に敬礼。』

ハイスクール・フリート 12話

皆さんこんにちは。

竹取の翁です。

さて、いよいよ今回で、「ハイスクール・フリート」最終回。

今思い起こしてみれば、最初はあんなに頼りなかった彼女たちが、まさかここまで来れるとは、といった感じですね。

では、最終回、「ラストバトルでピンチ!」感想に向けて…ヨーソロー!!


第12話「ラストバトルでピンチ!」感想

さあ、タイトル通り、「ラストバトル」でした。

相手は、学生艦最強の「武蔵」。

そして、はれかぜ艦長「岬明乃」の家族同然の幼なじみ「知名もえか」の乗っている「武蔵」。

そんな武蔵が今、一般人のいる街の方向へ向かっている。

緊急事態。

そんな緊急事態の冒頭シーン。

あれは、この、全12話を通して、はれかぜ乗員が「みんなで」成長したからこそ、あの決断ができたんですよね。

足止め作戦に出るも、最強の「武蔵」を前にして大反撃を喰らう「はれかぜ」。

そんな絶体絶命の元に現れた「仲間」が。

「船の仲間は家族だから。」

その意思を強く持ち、どんなに無理な状況でも決して諦めることなく、「仲間」を助けてきた岬明乃たちの仲間が、助けに。

あのシーンも、岬明乃の成長を大いに感じさせるシーンでしたよね。

だって、多分、訓練初盤の彼女は、「艦長らしさ」を自分に感じていない。

艦長らしさを自分に感じてもいないのに、艦長としての自信とか、決断力も、薄かったはずです。

そんな彼女が、最悪「死」もあり得るあの道を選んだのです。

「仲間」を信じて。「家族」を信じて。そして、また「仲間」を助けようとして。

艦長だけじゃなく、みんな、成長してましたね。

そんな「仲間」「家族」に背中を任せて、岬明乃たちは最後の戦いへ。

そして無事、武蔵の横につき、突入可能という状態になったあの時。

やはり少々複雑そうな表情を浮かべる「岬明乃」。

優しくて、心配性で、何か起これば自分が行かずにはいられない、岬明乃に、物語中では複雑な気持ちを抱いていた宗谷ましろ。

「艦長にあるべき姿とは?」という問いを、この感想記事でも書いた記憶があります。

あの場面で、岬のことを意思を理解し、

「艦長も突入してください。」

これが言えた彼女もまた、やはり、成長してますよね。

彼女の中でも、「艦長にあるべき姿とは?」の答えは、航海前と、後では大きく変わったことでしょう。

こうして無事に、岬明乃と知名もえか、幼なじみの感動の再開が果たされたわけですね。

帰港後、久しぶりの陸に皆感動していたのはつかの間、はれかぜから何やら不穏な音が。

沈没。

そうですよね。確かに、あんな巨艦に体当たりしたわけですから。

むしろ、体当たり→帰港まで、彼女たちを守り切った。

いや、出港から、帰港まで、本当にいろいろな戦闘があったわけで、

そして船内では彼女たちの成長が、絆の深め合いが、繰り広げられていたわけで、

彼女たちを「ずっと」「一番近くで」見守っていた、学生艦「はれかぜ」。

「はれかぜ」は、はれかぜ乗員の彼女たちを見守って、とても美しく、沈んで行きましたね。

その姿はまるで、使命を果たした戦士のよう

みんな、そんな一番身近な存在だった「はれかぜ」の沈没に、動揺し、悲しむも、

自分たちを見守ってくれた、守ってくれた「はれかぜ」に敬礼を捧げる。

とても美しい、終わり方だったと思います。

 

はれかぜ全乗員、応援に駆けつけてくれた船の乗員、そしてなにより、

彼女たちを最後まで守り切ってくれた学生艦「はれかぜ」に敬礼。

【 はいふり 】おきなの はいふり 視聴感想【 ハイスクール・フリート 】

 

ABOUTこの記事をかいた人

皆さん初めまして、竹取の翁と申します。 好きなアニメのジャンルは主に『日常系』『アイドル』アニメです。 もちろん、ラブライブ!も大好きです。 拙い文章ではありますが、日々精進して参りますので是非温かい目でお見守りくださいませ。