【はいふり 第1話「初航海でピンチ!」】はいふり(?)ぐらし!

皆さん、こんばんは。

桜も散り始め…そして我々アニオタの世界では…

\春 ア ニ メ/ の季節ですね。

筆者は、今季あるアニメの中でトップクラスの「日常系」アニメとして『はいふり』の放送を心待ちにしておりました…!

そしてついに放送。

今回は第一話「初航海でピンチ!」について語りたいと思います。

スポンサーリンク

【はいふり 第1話「初航海でピンチ!」】の感想

 

「はいふり」のキャラ原案は、「のんのんびより」原作者・あっと氏が手掛けているだけあって、ゆるふわ日常系テイストなキャラクターデザイン。

序盤の「岬明乃ちゃん(ミケちゃん)」と「知名もえかちゃん(モカちゃん)」の幼少時代の絡みは、見ていて

『ほのぼの〜』としましたね。さすが「日常系」アニメ…。

 

その9年後…。(ミケちゃん全然変わってない…可愛いですが)

ミケちゃんと宗谷ましろちゃん(二期連続の「ましろ(あおかな)」に反応してしまいました…。)

の出会いが。

ましろちゃんは、初っ端から今季の某アニメを彷彿とさせる程のアンハッピーぶり…「ついてない…」が口癖のようになっていますね(笑)

※ちなみに、宗谷ましろちゃんの好きな言葉は「全ての不幸は未来への踏み台に過ぎない(公式HPより)」ですか  ら、一応、不幸をプラスに考えるようにはしている…(はず)。

そんなこんなで学生艦「晴風(はれかぜ)」に乗り込んだ班員たち。

ここまで感想に触れてはいませんでしたが…

「背景・艦隊の作画が凄い!!!!!!」

それもそのはず。だって細部まで見たら、きちんと「錆び具合」や「使い慣らされた感」がきちんと描写されています。

今回のキャラクターデザインにしろ、背景にしろ、戦艦にしろ…ここまで丁寧に作ってくださいった制作陣の皆様には感謝です…。

実際、一見どうでもいいように思われる背景作画・道具作画なども、キャラクターの心情を読み取ろうとする上では極めて重要ですよね。

本当に「はいふり」は制作スタッフの想いが詰まっているんだなぁ…と未だ一話目にして感じた次第です。

 

さて内容に戻って…。

筆者は、学生艦を「生徒だけで」やっていくことに大変驚きました…。

私の知っている海洋高校でさえ、生徒だけで船に乗るということはさせないのに…流石はブルーマーメイドの卵といったところでしょうか。

やはり『生徒だけで船を動かす・生徒だけで生活する』というのが大切な鍵になる気がしますね。

 

静かに燃える世界 始まりはここから

夜空が終わりを告げるとき

一筋の光が 胸に秘めた声が

解き放つ闇を裂いて

枯れるよりいっそ散り急ぐ姿

迷い歩く術を

千の波に飲まれた心じゃ君さえ守れない

響け確かな衝動 鳴り止まぬように

忘れられぬ傷を残して

今もかすかな残像 消えないままで

世界が待ってる明日の産声を

響け確かな衝動 消えないままで

そう未来と過去が交差する100年目の歌

 

さてさて、次回が楽しみです!

 

【はいふり 第2話「追撃されてピンチ!」】日常系アニメらしくて(?)最高でした。

ABOUTこの記事をかいた人

竹取の翁

ライターの〈竹取の翁〉です。 『ラブライブ!』,『ラブライブ!サンシャイン!!』をメインに様々なアニメを見ています。 また、〈アニメ×聖地〉関連の研究もしています。 〈アニメ×聖地〉は一極集中を解決する可能性をも秘めていると考えます。 「見えない光も、目を凝らせばダイヤの光」 ちょっと変わった(?)コラムをお届けします。

さんもおすすめするコラム!