でっかい目玉が特徴的な洋アニ「 怪奇ゾーン グラビティフォールズ 」をちょっとみんなに勧めたい。

怪奇ゾーン グラビティフォールズ

コミカルな絵とナンセンスギャグ、そしてたまに下品もアリ。海外アニメの定番でもあるそんなアニメは、ゆるっとテレビを眺めていたい時にかけておくのにうってつけですが、そんな子供向けのようなフォーマットを装いつつも、ゆるっとさせない魅力を秘めているのがこの「 怪奇ゾーン グラビティフォールズ 」。

ミステリー、ホラー、オカルト、でも青春で家族愛。超常現象好きの心をも掴んで、ファンの間で謎解きの検証も行われている人気のアニメは、うっかり見始めたら止まらなくなる魅力がたっぷり。気がつくと次の話数を心待ちにするようになって、誰かとその面白さを語り合いたくなってくる、危険なアニメグラビティフォールズとは一体どんなアニメなのか?

「 怪奇ゾーン グラビティフォールズ 」はどんなアニメ?

主人公の双子の兄妹、ディッパーとメイベルは両親の計らいで、一夏を大叔父の家で過ごすことになり、オレゴン州のグラビティ・フォールズという町へやって来る。

そこでインチキな土産物ショップを営む一癖も二癖もありそうな大叔父さんスタンフォードと、グラビティ・フォールズのちょっと変わった住人たち、更には謎の生命体や日々巻き起こる怪奇現象に囲まれて、二人の12歳の夏は過ぎていく…

叔父さんの家に預けられて一夏を過ごし地元の人たちとも交流、色々あって人間的にも成長して行く、というステレオタイプな青春ホームドラマの体でありながら、蓋を開ければ良い意味で予想を裏切ってくれるのがこの作品の魅力。

基本的には能天気なコメディー風なのですが、タイトルにもある通りグラビティーフォールズは普通の田舎ではないのです。

神経質で理屈っぽいディッパーと、常にテンションが高く楽天的で優しいメイベル。第1話が始まって早々、この対照的な性格の二人はグラビティフォールズの謎に急接近することになり、その後は自称”ミステリーツインズ”として二人でこの町の謎に関わっていくことになります。

果たして、グラビティ・フォールズという町の抱えた真実に二人は辿り着けるのだろうか・・・。

怪奇ゾーン グラビティフォールズ

 

コミカルな画風だがシリアスな演出が目立つ。「 怪奇ゾーン グラビティフォールズ 」の面白さはかなりディープなのか?

グラビティフォールズの見所は作り込まれた面白さにあります。一話ごとに独立したエピソードながら、随所にその後の展開に深く関わってくる伏線がたっぷり散りばめられて謎解きを楽しめるのも大きな魅力。

この伏線が作り込まれていて、さらっと流し見たワンシーンに重要な一コマが隠されていた、なんてことも。ナンセンスなギャグがちょくちょく挟まれますが、そのフラグ立てとの境目が曖昧な表現のおかげで今の何?伏線?という邪推が生まれたりして、ますますこの世界にどっぷりハマってしまいます。

怪奇ゾーン グラビティフォールズ

また、絵柄からしてコミカルなので騙されそうになりますが、実写だったら物凄く怖いようなシーンも満載で、夜中に一人でいるとそっと後ろを確認したくなるような不気味さも味わえ、ホラー好きの大人も楽しめる仕上がりになっています。

そしてやっぱり外せない、青春と家族愛もそれぞれのエピソードにしっかり盛り込まれています。

二人の周りにはちょっと変わった人たちがいっぱい。彼らとの日常をギャグたっぷりに軽いノリで描きつつも、やり取りの中にふっと優しくなれるようなシーンがあったりして、侮れない感動のツボを押さえています。

家族とのいざこざや和解、初恋など、賢しい故に内面がやや屈折しているディッパーの、たまに見えるセンシティブな十代っぽさに、自分の子供の頃がオーバーラップしたりしてモラトリアムを刺激されて、子供の頃の「特別な夏の終わり感覚」が一瞬蘇ったり、ほろ苦い気持ちにさせられます。

何話か見終えたあなたも、オープニングを「口ぶえずさみたく」なること間違い無し。超スローペースながらも謎の核心にじわじわ迫っていくグラビティフォールズから、今後も目が離せません。

 

怪奇ゾーングラビティフォールズ
製作総指揮・アレックス・ハーシュ
出演ジェイソン・リッター/クリステン・シャール/アレックス・ハーシュほか
放送局 ディズニーチャンネル、Dlife
放送開始日 2012/10/26
公式サイト・引用元(ディズニーチャンネル公式ページ

タイトル及び画像の著作権はすべて著作者に帰属します。

引用元: ディズニーチャンネル公式ページ


※このページは、公開からおおよそ1,978 アクセスがありました。

ライティング:あにぶ編集部 さん

怪奇ゾーン グラビティフォールズ

お気に入り記事をシェアして下さい

この記事に関するコメント