キズナイーバー 感想コラムまとめページ

キズナイーバー 第11話

2016年 春アニメ の中でも非常に注目度の高い「 キズナイーバー 」。皆さんは楽しんでおられるでしょうか?この話題のアニメ「 キズナイーバー 」をあにぶライターの 槙島 さくら さんが毎週「 キズナイーバー 」を視聴後に感想コラムを投稿していただいてます。その「 キズナイーバー 」の感想コラムを見やすいようにまとめてみました。

各週のストーリの見どころを交えた感想コラムをぜひお楽しみ下さい!

 

Contents

【さくら】 キズナイーバー 第1話 「一目あったその日から、絆の花咲くこともある」 【感想コラム】

【さくら】 キズナイーバー 第1話 「一目あったその日から、絆の花咲くこともある」 【感想コラム】

主人公の阿形 勝平(あがた かつひら)は、いつも無気力で、他人はもちろん、自分にすらも関心がない。

また、どんなに痛めつけられても、痛みを感じない特異体質の持ち主である。
ある日、そんな勝平の前に、謎の少女、園崎 法子(そのざき のりこ)が現れ、
勝平を、「キズナイーバー」の1人として任命する。

…【続きを読む】

 

【さくら】 キズナイーバー 第2話 「こんな異常事態カンタンに飲みこめんなら、バリウムなんざバケツ二杯は軽く余裕だっつーの」【感想コラム】

キズナイーバー

まだ、現状を受け入れられず、混乱している「キズナイーバー」たちに、早速、法子から、ミッションが与えられる。

それは「自己紹介」

あまりに簡単な課題に、安堵した「キズナイーバー」たちは、一人一人、名前とクラスを述べていく。
しかし、法子からは「不正解」と言われ、全員が、ペナルティ(身体的ダメージ)を受けることに。

…【続きを読む】

 

【さくら】 キズナイーバー 第3話 「どんなにさんざんな状況だって、 捉えかた次第でなんとかやっていけるかも……ねっ?」 【感想コラム】

キズナイーバー 3

「キズナシステム」解除の条件は、
「夏(……というか夏休み?)をみんなで乗り越えること」という法子。

未だ、現状に納得出来ない「キズナイーバー」たちだったが、とりあえず、一旦、解散して、各々の家に帰宅した。
しかし、落ち着く暇もなく、勝平たちに、突然の痛みが襲いかかる。

今度は、誰がダメージを受けたのかと、確認し合うが、何故か、誰も受けている様子がない。

…【続きを読む】

 

【さくら】 キズナイーバー 第4話 「せっかく繋がりあったんだしさ、もっとお互いわかりあおうよん」【感想コラム】

キズナイーバー 4

ついに、全員揃った「キズナイーバー」たちに、仲をさらに深める良い機会だと、夏合宿を提案する、法子。

一方で、未だに、勝平のことが気になっている、高城 千鳥(たかしろ ちどり)は、勝平と法子の距離が、縮まっている様子に、気が気でない。

そんな千鳥の恋を応援しようとする、不良高校生、天河 一(てんが はじめ)。

…【続きを読む】

 

【さくら】キズナイーバー 第5話 「ひゃっほい、合宿だぁ! 鹿のフン踏んで枕投げしてゴーゴー!」 【感想コラム】

キズナイーバー

夏合宿の施設、絆の会の保養所で、「キズナイーバー」たちの共同生活が始まった。

奇妙な電話に、心を乱す穂乃香。

勝平と法子が、親しげに話しているところを見てしまい、深く傷つく千鳥。

穂乃香に絡まれ、意外な一面を見せる、由多 次人(ゆた つぐひと)。

…【続きを読む】

 

【さくら】 キズナイーバー 第6話 「あんた達といると、 ほんっとにろくなことがない」 【感想コラム】

キズナイーバー 6

夏合宿で、「キズナイーバー」たちは、体の痛みだけでなく、心の痛みまで共有するようになり、以前よりも、はるかに距離を縮めていた。

しかし、穂乃香だけは、未だに、他の「キズナイーバー」たちと距離を置いており、新山 仁子(にいやま にこ)は、そのことを、ずっと気にかけていた。

そんなある日、穂乃香の前に、編集者の男が現れ、漫画「天国からの約束」の映画化に先駆けて、ドキュメンタリーを撮りたいから協力して欲しいと、持ちかけてくる。

…【続きを読む】

 

【さくら】キズナイーバー 第7話 「七分の一の痛みの、そのまた七倍の正体に触れる戦い」 【感想コラム】

キズナイーバー 7

穂乃香の相方である、瑠々(るる)の家を訪ねた「キズナイーバー」たちは、瑠々の死因が、生まれつきの病によるものだということを知る。

死因に、穂乃香が絡んでいないことに、安堵する「キズナイーバー」たちだったが、瑠々の母親は、最終回手前で、漫画を描くことを止めてしまい、瑠々を突き放した穂乃香を責め立てる。

実は、穂乃香に、友情以上の想いを抱いていた瑠々。

穂乃香は、それに気づき、初めて出来た大切な人を失うのが怖くて、一線を越える前に、距離を置いたのだった。

…【続きを読む】

 

【さくら】 キズナイーバー 第8話 「ハッピーな時間って、そうそう長くは続かないものだよね」 【感想コラム】

キズナイーバー 8

キズナの会のメンバー、ヤーマダこと山田から、キズナ計画について説明を受ける「キズナイーバー」たち。

その説明によると、この実験の本来の目的は、キズとキズを繋げることではなく、プラスの感情を繋げて、世界平和を実現させることだという。

「プラスの感情を繋げる」という、目的を果たすため、キズナの会のメンバーたちは、「キズナイーバー」たちに、各々の、恋愛感情を利用したミッションを仕掛ける。

…【続きを読む】

 

【さくら】 キズナイーバー 第9話 「万事休す……かしら」 【感想コラム】

キズナイーバー 第9話

ヤーマダこと山田は、勝平以外の「キズナイーバー」たちを、視聴覚室に閉じ込め、録画されている、勝平と法子の会話を、流し始めた。

法子のことが気になると告げる、勝平の言葉に、傷つく千鳥。

そんな千鳥を見て、心を痛める天河。
そして、天河の想いを知り、涙する仁子。

…【続きを読む】

 

【さくら】 キズナイーバー 第10話「好きな気持ちがむくわれないかもなんて、重々承知の上だろ?」 【感想コラム】

キズナイーバー 第10話

心の声が聞こえた、あの日以来、「キズナイーバー」たちは、互いの接触を避けながら、夏休みを過ごしていた。

そして迎えた新学期。

勝平たちの腕からは、キズが消え、もう、誰も、自分以外の痛みを感じることはなくなっていた。

そんな中、仁子は、勇気を出して、「キズナが消えても繋がっていたいの。ちゃんと、友達になりたいの」と、勝平と日染に告げる。

…【続きを読む】

 

【さくら】 キズナイーバー 第11話「いちいち連絡しあって気持ちを確認しあわないと。だって、友達なんだから!」 【感想コラム】

キズナイーバー 第11話

勝平たち3人が見たことを、他のキズナイーバーたちに報告しようと、メールを打つ、仁子。

キズナシステムが途切れた今、「それでも繋がりたかったら、待ってるだけじゃなく、こっちから、ちゃんと、繋がろうとしないとダメなんだよ」と、仁子は、勝平に言う。
その言葉を聞き、色々なことを考え始める、勝平。

…【続きを読む】

 

【さくら】 キズナイーバー 第12話 「世界中にキズナシステムが広がって」 【感想コラム】

キズナイーバー 第12話

法子と山田により、人々に、次々と、キズナシステムの手術が施されていく。

暴走する法子を止めるため、法子の所へと走る、勝平。

また、勝平からの連絡を受けて、千鳥たちキズナイーバーも、勝平のもとへ向かう。

システムありきの繋がりを、信じ続ける法子に、勝平たちの言葉は届くのか……?!

…【続きを読む】

 

『 キズナイーバー 』 総括コラム

キズナイーバー 総括

最終話まで、観終わった今、改めて、第1話の、法子の言葉を思い出します。

「みんな、繋がりたいんです。誰かと」

私たちの世界では、「システムで繋がる」ということはありえないので、「システム=学校・会社など、組織的に繋がれた人たち」とします。

組織の中にいる以上、たわいない話もするでしょうし、ともに行動もするでしょう。

だけど、本当の意味で、繋がろうと思ったら、表面上だけの付き合いだけではなく、自分のキズや、汚い部分も、全部見せないといけない。時には、喧嘩してぶつからないといけない。

…【続きを読む】

 

 

キズナイーバー の最後、「こんなシステムがなくても他人と他人は繋がれる」というのに、高度にネットワーク化した現代社会へのあざけり笑いともとれる表現が、なぜかしっくりときました。キズナイーバー 前半では「どうなってしまうのか?」と心配でしたが、最後にはみんんあまとまってよかったですね。

キズナイーバー のBlu-ray & DVDが好評発売中です。特典も付いているようなので、是非ご検討下さい!

 

 

毎週放送のアニメを見て続き物の感想コラムを作ってみたい!そんなコラムニストなあなたは、是非あにぶでコラムを入稿してみませんか?ライター募集のページからいつでもライターとして活躍する事ができますよ!

©TRIGGER・岡田麿里/キズナイーバー製作委員会

引用元: TVアニメ「キズナイーバー」公式サイト


※このページは、公開からおおよそ752 アクセスがありました。

ライティング:あにぶ編集部 さん

キズナイーバー 第11話

お気に入り記事をシェアして下さい

この記事に関するコメント