みんながよく検索するワード: >> おすすめ赤司征十朗夢女子男の娘腐女子ラブライブ声優ガルパンワールドトリガー ...

『デュラララ​!!』愛の意味が分からなく​なったらみたい群像劇


愛っていったい何でしょうか。
辞書を引いてみると「人を慈しむ心、誰かを大切に思う心」とありますが、愛ってそんなに単純で美しいだけのものでしたっけ?

愛って何? 私の愛は間違ってる?
そんな不安に襲われたら、こんなぶっ飛んだラブストーリーに助けを求めてみるのはどうでしょう。

『 デュラララ​!! 』
デュラララ

複雑に絡み合う、歪な愛の物語

舞台は東京・池袋。
非日常的な刺激を求めていた素朴な少年・竜ヶ峰帝人は、東京に住む幼馴染・紀田正臣の誘いもあり、池袋にある高校・来良学園への進学を決意します。
期待と不安に胸を膨らませ上京してきた帝人の目に飛び込んできたのは、あまりに刺激的な世界でした……。

馬の嘶きのような音を立てる漆黒のバイクで、池袋を走り回る「首なしライダー」
新宿で情報屋を営む、人間愛に溢れた(?)怪しい青年、自動販売機を素手で放り投げる怪力男に、首なしライダーを異様に愛する若き闇医者。
ストーカー少女や色を持たないカラーギャング「ダラーズ」など、個性的すぎる人物たちが、それぞれ歪んだ愛の物語を展開していきます。

歪んでいようが恋はするのです

仏教でいうところの愛には「渇愛」というのがあり、何かに対し病的なほど執着すること、何かを盲信し縋りつくことも愛の一種だとされているのだそう。
ああ良かった、私の二次元に対する気持ちも確かに愛でした……。

この作品で描かれている愛は、まさにこの「渇愛」に近いといえます。
相手に強い執着心を抱き、時として異常ともいえる行動に走ってしまう。はたから見れば狂っているように見えるかもしれない。しかし、それも確かに愛なのです。

こんな愛も確かに存在して良いのだと、池袋の生ける都市伝説たちが教えてくれます。

ライター:あにぶ編集部|あにぶ編集部 さん

©2014 成田良悟/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/池袋ダラーズ

公式サイト・引用元: デュラララ!

スポンサードリンク広告

  おすすめアニメコラムに興味はありませんか?

やっぱりウマいのは餃子の王将