『アリソンとリリア』親子二代の冒険活劇

アリソンとリリア1

『 アリソンとリリア 』は、「キノの旅」でおなじみの時雨沢恵一先生のもう一つの人気シリーズ「一つの大陸の物語」シリーズのアニメ化です。

原作ファンの方はもちろん、まだ原作を読んだ事のない人にもお勧めの一本です。

原作を読んだ後にアニメを見た私からすると時雨沢先生の魅力の『メカ』の描写がアニメーションでも生き生きと描かれている点は時雨沢作品のファンにとっては嬉しいかも知れません。

アリソンとヴィル

アリソンとリリア1

本作の主人公アリソンですが、かなり明るい性格の空軍パイロットで、その行動力で幼なじみのヴィルを事件に巻き込んだりしてしまいます。

『未来の家」と呼ばれる孤児院で育った二人は12歳でそれぞれの道を歩き始めます。

アリソンは軍人へヴィルは進学のために上級学校へ進むわけですが、ふとした事からアリソンと国境を越えて敵国へ行ってしまったりしてヴィルはいつもアリソンに振り回されてしまうわけです。ヴィルとしては暴走するアリソンにブレーキを掛けたいのでしょうけどなかなか上手くいかないわけですが、そんなアリソンの行動力が世界を大きく変えてしまう爽快なストーリーの流れに次はどんなことが起こるのかワクワクしてしまいます。

リリアとトレイズ

アリソンとリリア2
アリソンが大人になるとアリソンの娘、リリアの出番になりますが、アリソンと同じように活発ですが、髪や目の色は似ておらず母の金髪と碧眼を羨んだりもしています。

夏休みに、家族付き合いの友人のトレイズと旅行に行くことになるがその先では様々な組織の陰謀が二人を待っているのでした。

冒険を助ける様々なメカ

主人公たちの冒険を助けるのに様々なメカが登場します。飛行機やサイドカーのような乗り物から銃といった武器のたぐいまでいろいろと登場しますが、そのどれもが綺麗に描写されています。

それらが空中戦であったり銃撃戦といった戦闘シーンをよりいっそう盛り上げてくれるのが魅力の一つですし『えっ何これ?』と思うような珍しいものまで登場します。

おわりに

『一つの大陸の物語』シリーズの原作は完結しましたが、アニメでは声優の水樹奈々さんがアリソンやリリアを演じていますが、実にイメージにピッタリだったのがオススメの点です。長い原作をコンパクトにアニメ化するのは大変だったんだろうなと感じますが、だからこそ原作ファンも初めての人も楽しめる作品になったのだと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

猫川怜

1983年生まれ、アニメとゲームを友に育った生粋のオタクライターです。30代40代ホイホイ的な懐かしいネタから、最新のネタまで幅広く配信していきたいと思います。