アニメが映画界をけん引!?最近のアニメ映画事情

アニメ映画4
アニメ映画1

6月13日に公開された『ラブライブ!The School Idol Movie』が興行収入ランキングで1位を獲得しました。動員数は25万人、興行成績は4億円でどちらも他の邦画、洋画を抑えて1位になります。『ラブライブ!』の進撃は止まりません。

『ラブライブ!』ついにオリコン1位!「僕たちの奇跡」を成し遂げたμ’sの歩み

いろいろと比較をしようとしたのですが、映画の場合、映画館数が限られているため、CDやBD/DVDのように通販などでも買えるわけではなく、映画館まで足を運ばなければならず、季節によって差があるので(夏休みや冬休みは映画が集中します)、止めました。

そもそもアニメ大国の日本では

○『千と千尋の神隠し』興行収入304億円
○『アナと雪の女王』興行収入258億円

というとんでもない巨頭がいるわけで(そのほか『ドラえもん』、『名探偵コナン』、『ポケットモンスター』、『妖怪ウォッチ』、最近では『ベイマックス』)、このサイトで取り上げるアニメ同士を比較しても虚しいので・・・、私がおすすめする映画を数本ピックアップします。最後以外は、BD/DVDも出ているので、是非観てください。

でも1つだけ、『新世紀エヴァンゲリオン』については、記録を載せておきます。

・シト新生(1997年):18.7億円
・Air/まごころを、君に(1997年):24.7億円
・新劇場版:序(2007年):20.0億円
・新劇場版:破(2009年):40.0億円
・新劇場版:Q(2012年):52.6億円

上の2つを「旧劇」と呼び、それ以降を「新劇」として分ける場合もあります。新劇場版最終作「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」はタイトルは発表されているのですが、いつになるのでしょうか。

それでは、アニメの映画化作品を見ていきましょう。

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語

アニメ映画2

一大ブームとなった「まどか☆マギカ」の劇場版です。TV放送時にちりばめられた謎を解決するような内容になっているようですが、正直私はよくわかりませんでした。熱心なファンの方は何度も足を運んで、内容を考察していました。

おそらく、これだけ観ても理解するのは難しいと思いますので、TV版も合わせてご覧になっていただくと、「まだ」わかりやすいかもしれません。

なお、複雑なTV版をさらに再構成して2部に分けた『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語/[後編] 永遠の物語』も映画上映されました。まとめて観るならばそちらもよいと思います。

小鳥遊六花・改 ~劇場版 中二病でも恋がしたい!~

アニメ映画3

中二病でも恋がしたい!」の第一期シリーズを再構成したもの。一部新規カットも入っています。この最後は、第二期シリーズの導入にもなっています。また、短編映画「中二病でも恋がしたい! Lite」も同時収録されています。

ヒロインの小鳥遊六花の視点から、第一期の流れを追っています。ちなみに小鳥遊とは「たかなし」と読む実際の日本にある名字です。

映画館では中高生の姿も多く見られました。

(C)虎虎/京都アニメーション/中二病でも製作委員会

劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

アニメ映画4

「あの花」の劇場版です。フジテレビの「ノイタミナ」枠にふさわしく、普段アニメを観ない層にも広がり、大きな反響を呼びました。TVシリーズ見ているとより楽しめますが、これだけでも「あの花」の世界観は伝わります。めんまが成仏してから1年後の「超平和バスターズ」の同窓会的なストーリーになっています。

映画館では大人や中高年の方も多く見受けられ、最後は涙している人も多かったです。

9月には同じスタッフが製作し、同じ「秩父」を舞台にした新作劇場アニメ『心が叫びたがってるんだ。』の上映も決定しています。

と、書いていたら、年内の実写ドラマ化が発表されました。若手人気俳優たちが共演するということで、こちらも注目です。アニメのキャストのカメオ出演もあるかもしれませんね。

『あの花』普段アニメを観ない人にもお勧めできる感動名作アニメ

 

(C)ANOHANA PROJECT

たまこラブストーリー

アニメ映画5

 

『たまこマーケット』のその後が描かれていますが、本編では避けていた「恋愛」が直球で描かれています。

たまこともち蔵の初々しくも懐かしい、恋心に揺れる姿が非常に共感を呼びました。TVシリーズも観ていない方でも、純愛ラブストーリーものとして楽しむことができるかと思います。

『たまこラブストーリー』近くて遠い、二人の決断を見守ろう!

(C)京都アニメーション/うさぎ山商店街

 

ラブライブ!The School Idol Movie

アニメ映画6

現在放映中の『ラブライブ!』の劇場版です。ストーリーの詳細は伏せますが、ライブシーンや新曲が非常に多く流れて、初見の人でも十分に楽しめる構成になっているようです。美麗な作画を楽しむのもまた一興です。

BD/DVDは後日発売されると思いますが、現在放映中ですので是非とも観に行ってみてはいかがでしょうか。

(C)2015 プロジェクトラブライブ!ムービー

ABOUTこの記事をかいた人

リンドウ

元丸の内のサラリーマンです。サラリーマン時代はオタク趣味を隠していましたが、脱サラを機に趣味を全開にしてライター業を行っています。アニメをはじめとしたポップカルチャーと文化、経済の関係に興味があり、在職中は(趣味を隠しながらも)、涼宮ハルヒをテーマに経済セミナーを企画したりもしていました。現在、フリーライターとして活動すべく奮闘中です。