みんながよく検索するワード: >> おすすめ赤司征十朗夢女子男の娘腐女子ラブライブ声優ガルパンワールドトリガー ...

アニメでカバーされた邦楽の名曲【80年代編】


アニメでカバーされた邦楽の名曲を紹介するこの企画。
今回はバンドブーム、アイドル黄金時代の80年代です。

ROCK OVER JAPAN 他

アニソンカバー80 ピングドラム

少女革命ウテナ』を手掛けた幾原邦彦監督によるオリジナルアニメ『輪るピングドラム
この作品に登場するアイドルユニット トリプルHの楽曲は全てロックバンドARBのカバーです。
歌うのは高倉陽毬役の荒川美穂さん、伊空ヒバリ役の渡部優衣さん、荻野目苹果と歌田光莉役の三宅麻理恵さんの3人。
硬派で骨太でメッセージ性の高いARB楽曲をアイドルソングとして女性声優に歌わせるというかなり「イカレちまったぜ!!」な発想ですが、実際に聴いてみるとこれがアニメ本編の一見ファンシーだけど実はシリアスな雰囲気に見事にマッチしています。
アレンジは田村ゆかりさんの楽曲をはじめ数々のアニメ音楽を制作している橋本由香利さん。本作の劇伴も担当しています。

君に、胸キュン。

アニソンカバー80 まりあほりっく

男性恐怖症で同性愛者の少女かなこと女装ドS少年鞠也の破天荒な学園生活ラブコメディ『まりあ†ほりっく』のEDテーマ。
1983年「かわいいおじさん宣言」後のYMO(イエロー・マジック・オーケストラ)によるシングルのカバーです。
歌っているのは天の妃少女合唱団(宮前かなこ役真田アサミさん、祇堂鞠也役小林ゆうさん、汐王寺茉莉花役井上麻里奈さん)
続編の『まりあ†ほりっく あらいぶ』では山本リンダさんの『どうにもとまらない』をカバーしています。
CDジャケットももちろんパロディ。
アニソンカバー80 YMO
ちなみに制作会社が同じアニメ『ひだまりスケッチ』ではYMOをはじめ様々な有名CDジャケットのパロディが使われているので、音楽に詳しい方は是非挑戦してみてください。

ふられ気分でRock’n’ Roll

アニソンカバー80 せんせいのお時間

小学生のような高校教師みか先生と個性豊かな生徒たちによる学園コメディ『せんせいのお時間』EDテーマ。
アニメファンには『北斗の拳』の主題歌『TOUGH BOY』でお馴染みTOM★CATのカバーです。
歌っているのは声優の國府田マリ子さん、金田朋子さん、神田朱未さん、野中藍さん、白石涼子さんによるユニットDROPS。
DROPSはフィンガー5の『恋のアメリカン・フットボール』もカバーしています。

80年代の楽曲は他にも『ロザリオとバンパイア』シリーズのキャラソンをはじめ様々なアニメでカバーされています。
興味をもった方は是非色々探してみてください。

ライター:あにぶ編集部|あにぶ編集部 さん

©ikuni chowder,pengroup,(C) 2009 遠藤海成・メディアファクトリー/まりあ†ほりっく製作委員会,(C)ももせたまみ/竹書房・せんせいのお時間製作委員会

スポンサードリンク広告

  おすすめアニメコラムに興味はありませんか?