みんながよく検索するワード: >> おすすめ赤司征十朗夢女子男の娘腐女子ラブライブ声優ガルパンワールドトリガー ...

アニメ制作会社ざっくり紹介その2『ボンズ、シャフト、A-1編』


骨太がモットー『ボンズ』

交響詩篇エウレカセブン
ボンズサンライズのいちスタジオが独立してできたアニメ制作会社だ。
カウボーイビバップ』のスタッフが起こした会社だけあって、クリエイター主導で独特な作風のアニメも多い。

「骨のあるアニメを作りたい」という想いから作られた会社だけあって、有名作を見ても『交響詩篇エウレカセブン』や『鋼の錬金術師』など、重厚な世界観をもつ作品ぞろい。

また、ロボットアニメに強いサンライズから独立しただけあって、ロボアニの制作本数も多く、また、ロボアニに限らずともその作画クオリティには定評がある。

独特な演出が特徴『シャフト』

魔法少女まどか☆マギカ
2000年代以降、その名を見ることが多くなった制作会社シャフト
メガヒットアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』や『化物語』などで名を知った人も多い方も多いだろうが、実は設立は1975年で意外と古参な会社だったりする。

元請デビューは1995年の『十二戦支 爆烈エトレンジャー』で、それまでは『機動戦士ガンダム』などで下請けとして名前を見る機会があった。

近年は鬼才・新房昭之監督の作品を制作することが多いため、独特で奇怪な演出をしている会社として有名だろう。
特に2000年代後半からは、ほとんどの作品に新房昭之監督が関わっているため、シャフトといえばあの演出、と言っても過言ではない。

新興会社の注目筆頭株『A-1 Pictures』

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない
2000年代以降に注目され始めたアニメ制作会社の中でも、特に存在感を大きくしてきたのがA-1 Picturesだ。
もともとアニメ関連事業を幅広く手がけてきた会社・アニプレックスの、アニメ制作実行部隊として設立されただけあって、質の高い作品も数多い。

その設立経緯から、制作するジャンルも、深夜アニメから一般向け作品まで幅広い。
また、制作方法も独特。会社には専属の監督、脚本家、美術系の人間も部署も無く、作品ごとに外部の人間をその都度雇うという形態をとっている。
幅広いジャンルや作風に対応できるのも、この雇用形態によるものだろう。

ライター:あにぶ編集部|あにぶ編集部 さん

(C) 2005 BONES/Project EUREKA・毎日放送,©Magica Quartet / Aniplex・Madoka Partners・MBS,(C)ANOHANA PROJECT.,

スポンサードリンク広告

  おすすめアニメコラムに興味はありませんか?