みんながよく検索するワード: >> おすすめ赤司征十朗夢女子男の娘腐女子ラブライブ声優ガルパンワールドトリガー ...

アニメ制作会社ざっくり紹介-その4『東映、シンエイ、タツノコ編』


老舗中の老舗『東映アニメーション』

デジモンアドベンチャー
『東映アニメーション』は日本の数あるアニメ制作会社の中でも指折りの老練だ。
設立自体は1948年で名前は『日本動画株式会社』だったが、日本初の長編カラーアニメ映画『白蛇伝』の製作のために東映が買収、56年に『東映動画株式会社』という名前になった。98年には現在の『東映アニメーション』という名前に変更された。

創立から現在に至るまで、長く日本のアニメを牽引してきた会社で、代表作は『マジンガーZ』から『キューティーハニー』『ドラゴンボール』美少女戦士セーラームーンデジモン』『プリキュア』と実に多彩で幅広く、その年代を代表するような作品も多い。

全年齢に向けた作品が多く、深夜帯に放送されるアニメは比較的少ないものの、少ない中でも『墓場鬼太郎』『怪 ~ayakashi~』といった個性的な作風で楽しませてくれる。

実は隠れた実力派『シンエイ動画』

kureshin
『シンエイ動画』は1976年に設立されたアニメ制作会社である。
65年設立の会社『Aプロダクション』が前身で、代表作はやはり『ドラえもん』『クレヨンしんちゃん』といったファミリー向けアニメだろう。

幅広い年齢層をターゲットにした作品が多いため、あまり注目されることのない会社ではあるが、いわゆる“作画崩壊”というものをほとんど起こさない安定感、劇場作品などでみせる圧倒的作画クオリティなど、コアなファンからの評価は非常に高い。

長らく深夜アニメに参入する気配もなかったが、2014年に『となりの関くん』でついに深夜進出を果たし、10月からは新たな深夜アニメデンキ街の本屋さんの放送も控えているなど、動向が注目される。

ヒーローアニメの元祖を築いた会社『タツノコプロ』

ガッチャマンクラウズ
『タツノコプロ』は1962年に『竜の子プロダクション』として設立されたアニメ制作会社で、“ヒーローもの”などで独自の路線を切り開き活躍してきた会社だ。
代表作は『科学忍者隊ガッチャマン』『ヤッターマン』などだろう。

オリジナルアニメを得意とする会社で、特に70年代には上述した『ガッチャマン』や『ヤッターマン』のほか、実写化もされた『新造人間キャシャーン』など、当時を代表する作品を数多く産み出してきた。

90年代に入ってからは元請け作品が減少していってしまったが、2010年代に入ってからは『C』『ガッチャマンクラウズ』など再び元請け作品が増えてきており、10月から放送されるPSYCHO-PASS サイコパス』第二期の元請けにも決定している。

かつて栄華を極めた制作会社だけに、これからの活躍にも期待したいところだ。

ライター:あにぶ編集部 さん

アニメのタイトル並びに画像の著作権はすべて本作品の著作者に帰属します。

※このページは、公開から通算で344 ページビューを獲得しています。
スポンサードリンク広告

  おすすめアニメコラムに興味はありませんか?