期待?不安?実写化予定のアニメ作品紹介

近年、アニメの実写化作品の数がかなり多くなってきた。
現在公開中の『るろうに剣心』『ルパン三世』など国内での実写化はもちろんのこと、『ドラゴンボール』など、海外でも実写化されはじめるように。

現在公開予定のものや企画段階のもの含めるとかなりの数の実写化作品が存在する。今回はその中のいくつかを紹介していこう。

スポンサーリンク

寄生生物と少年との奇妙な物語『寄生獣』

寄生獣
現在最も話題となっている実写化作品といえば『寄生獣』だろう。
同名の名作SF漫画を実写映画化した作品で、2014年11月29日第一部か公開予定になっている。

キャストには主人公・泉新一役を染谷将太さん、主人公の右腕に“寄生”する謎の知的生命体・ミギー役を阿部サダヲさんがキャスティングされており、ほかにも深津絵里さん、橋本愛さん、東出昌大さんなど人気俳優がずらりと名を連ねている。

アニメ版も同時進行で制作されており、こちらは『寄生獣 セイの格率』というタイトルで、今年10月から放送される予定だ。
原作の絶大な人気はもちろん、アニメ化にともなう大幅な絵柄の変更などもあって、映画・アニメともに目が離せない作品となるだろう。

裏稼業をこなす少女のバイオレンス活劇『A KITE』

A KITE
『A KITE』『ガリレイドンナ』『ウィザード・バリスターズ』の監督を務める梅津泰臣氏が監督した、1998年発売のアダルトアニメだ。
ただアダルトといっても、メインとなるのは“殺人請負人”をこなす一人の少女の戦いで、性描写はあくまでもいち要素でしかない。

知名度は高くないが一部でカルト的人気を誇っており、海外での評価も高く、ハリウッドの映画監督がリスペクトを表明するほど

そしてそんな作品を、なんとハリウッドが実写映画化することに。
公開は今のところ「年内予定」とされているのみだが、公式トレイラーが公開されていることもあり、日本での公開も秒読み段階と言えるだろう。
世界的な知名度をほこる俳優、サミュエル・L・ジャクソンが出演しているなど、注目したい実写化作品だ。

実写映画『KITE』公式トレイラー

日本製SFアニメの代表的存在『攻殻機動隊』

草薙素子-攻殻機動隊
日本のSFアニメの筆頭としてよく名を挙げられる『攻殻機動隊』も、実は実写化が企画されている。

こちらも『A KITE』と同じくハリウッドで企画されており、長いあいだ具体的なニュースがなかったが、つい先日新しい情報が入ってきた。
主人公・草薙素子役に『ウルフ・オブ・ウォールストリート』で名を上げたばかりのマーゴット・ロビー、監督に『スノーホワイト』などのルパート・サンダースが選ばれたのだ。

詳しい内容は未だ不明だが、企画のみで続報が途絶えている実写化作品が多い中、監督と主演の名が報道されたのは大きな進歩だろう。今後の進展が期待される。

ABOUTこの記事をかいた人

あにぶ編集部

アニメコラムサイト「あにぶ」の編集部です。「あにぶ」は、まだまだオタクではない人、アニメに少し興味があるといった、”アニメ初心者”向けの入門サイトです。コンセプトは、「アニメを知らないあなたのためのアニメ入門サイト」。皆さんに読んで頂けると嬉しいです。