1. TOP
  2. 『化物語』化物級の発想が生み出す<物語シーズン>第一作

『化物語』化物級の発想が生み出す<物語シーズン>第一作

bakemonogatari

化物語

化物語 とは?

怪異に憑かれた少女たちの悩みを、ちょっとだけ吸血鬼になった高校3年生・阿良々木暦がオムニバス形式で解決していくストーリーだ。
クラスメイト、小学生、後輩、妹の同級生、個性的な彼女たちとくだらない会話を繰り広げるのがほとんどだが、怪異についてや各章ごとのまとめ方はしっかりしている。

化物語 を描く天才作家、西尾維新

彼の情報量はそれこそ化け物並みである。

怪異ものである『化物語』や、歴史ものである『刀語』、能力バトルものである『めだかボックス』これらはジャンルが違うため、かなりの知識が必要とされる。
それだけでなく、書くのが異常に速い。もちろん頭の中にとんでもない情報量が詰め込まれているからこそできるのだが。めだかボックス(週刊連載)の原作を書きながら、物語シリーズを淡々と出版していたのには驚いた。しかも通常のライトノベルよりも文字数が多い。言葉遊びが多くてストーリーがほとんど進まないというのもあるかもしれないが、ギャグセンスもトップクラスであり、非の打ちどころがない。

情報量の塊みたいな『ジョジョの奇妙な冒険』に影響を受けているので、凄いのは荒木先生なのかもしれないが、彼の年齢を考えるとやはり異常である。

固定観念にとらわれない発想、それが化物語

ハーレムものでは主人公が美少女に囲まれていながら誰とも付き合おうとはしないのが鉄則だ。誰か一人を選ぼうものなら、たちまちハーレムが崩れてしまうからだ。こういったモラトリアム状態を化物語ではあえて崩しにかかっている。

彼女がいるのにハーレムなんてできるのかと思うだろうが、彼女がいる男子は余裕があるからモテるのだ。ある意味、現実に近いハーレムものである。

他にも登場キャラの髪型をことごとく変えたり、タイトルと関係ないヒロインをメインにしたり、ひねくれた演出が多々ある。しかし、アンチテーゼを上手く料理して受け入れられる形にする。だからこそ真の天才だと言えるのではないだろうか。

スポンサードリンク広告

今回の記事に深く関連しているファジーなおすすめページ!

執筆者:あにぶ編集部 さん

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

bakemonogatari

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
©西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト
公式サイト・引用元: 化物語-西尾維新アニメ化プロジェクト

ライター紹介

あにぶ編集部

あにぶ編集部

あにぶ編集部 さんが書いた記事

  • 結城友奈は勇者である

    くじけそうな時にこそ見てほしい、勇気が湧いてくるアニメ「 結城友奈は勇者である 」

  • ポッピンQ

    15歳 寄り道 青春もまた、冒険ーアニメ「 ポッピンQ 」ついにベールを脱いだ『時の谷』の世界観が初公開!

  • SHOW BY ROCK!!

    サンリオ界に大旋風を巻き起こした本格バンドアニメ「 SHOW BY ROCK!! 」

  • 放課後のプレアデス

    空を飛ぶ事しかできない魔法少女の物語、「 放課後のプレアデス 」をご紹介!

関連記事

  • fafner-i2

    『蒼穹のファフナー』ロボットアニメの枠を超えたシリアス作品

  • 輪るピングドラム

    家族とは?そして愛とは一体何なのか?アニメ「 輪るピングドラム 」にはその答えが!

  • とらドラ!

    とらドラ!|大人に“なり直したい”ときにみるべきアニメ

  • 甲鉄城のカバネリ

    【 2016年 春アニメ】 甲鉄城のカバネリ 第4話 「流る血潮」 【感想コラム】

  • あずまんが大王

    『あずまんが大王』現状に焦りや不満を感じるあなたに日常系アニメ

  • 翠星のガルガンティア

    宇宙で迷子になっちゃた!アニメ「 翠星のガルガンティア 」レビュー