「円盤」って何?アニメを観るためのBD/DVDについての基礎知識

円盤の基礎知識
円盤の基礎知識

アニメのファンの会話で、「 円盤 ではこの部分が修正された」などという内容が出ることがあります。「 円盤 」とは、もちろん「円盤状の何か」なのですが、この場合は、アニメが収録されたBD(ブルーレイディスク)やDVDを指します。レンタルビデオ店で借りられるのはDVDが多いのですが、そもそもBDとDVDの違いって何、TV放送と違うの?、そうした内容にお答えします。

BDとDVDと違い

かつて、ビデオテープ(VHS)からDVDにメディアが変わったときには、大きな変化がありました。場所をとらない、大容量を記録できる、画面もきれい・・・、そうしたDVDの後継の光記録メディアとして登場したのがBDです。両者とも、形は(CDと同じで)円盤状なので「円盤」とアニメファンは呼んでいるのです。

細かい規格はここでは省きますが、簡単にいうと、BDはDVDの上位互換で、アニメを観るのはBDのほうが適しています。まず、画質が違います。BDが約207万画素に対してDVDは約35万画素。精密で美麗な画面でアニメを観ることができます。容量もBDのほうがDVDの10倍多く記録できます。ただ、アニメの場合、1つのメディアに収録されている話数はほとんど同じなので、あまり気にしないでいいと思います。

 

円盤の視聴環境はどうするのか?

すっかりおなじみのDVDは、専門のDVDプレーヤーだけではなく、パソコンやテレビに内蔵されているプレーヤーで観ることができます。『プレイスレーション2』がDVDの再生機能付きで、DVDのシェアの拡大に寄与したのは大きいと思います。BDは後発ですので、DVDよりも視聴環境を整えてあげる必要があります。BDのプレーヤーのほとんどではDVDは見れますが、DVDのプレーヤーではBDは観ることはできません。

専門のBDプレーヤーは1万円台からあり、大きなハードルではありません。それを購入するか、BDも再生できるテレビを買う、同じくBD再生機能のあるパソコンで観るなどする必要があります。パソコンの中にはDVDは再生できてもBDは再生できないものもあります。なお『プレイステーション3』や『プレーステーション4』でもBDの再生は可能です。

 

アニメにおける円盤を観るいろいろ

まず、アニメに限らず、映画やアイドルのライブをよく観るファンの方のほうがBDを多く持っています。どちらかといえばBDはマニアアイテムなのです。それを踏まえて、アニメの円盤環境について考えますと、1巻あたりの価格は、BDのほうが高いか、DVDと同じ。DVDのほうが高いということはありません。通常、BDもDVDも同時に発売されますが、アニメの作品内容によって、両者のシェアが変わってきます。よりオタク向けとみられるものはBDのシェアが大きく、そうではない人も巻き込んだ作品ですと、DVDのシェアが大きくなります。

作品によっては、BDだけ、DVDだけ、というものもあります。BDだけの場合は、当然専門の視聴環境が必要になります。テレビ放送版と比べて、円盤に収録されている内容は、画像がよりきれいに修正されていたり、シーンが追加されていたりして、新しい発見があります。

いきなりBDプレーヤーを購入するのが大変でしたら、このサイトで気に入ったアニメを、レンタルDVDで借りて観ることから始めていただいてもよいと思います。それが、皆さんのアニメライフのスタートになればと思います。

(C)霧弥湖町観光協会


※このページは、公開からおおよそ6,559 アクセスがありました。

ライティング:リンドウ さん

円盤の基礎知識

お気に入り記事をシェアして下さい

この記事に関するコメント

ABOUTこの記事をかいた人

リンドウ

元丸の内のサラリーマンです。サラリーマン時代はオタク趣味を隠していましたが、脱サラを機に趣味を全開にしてライター業を行っています。アニメをはじめとしたポップカルチャーと文化、経済の関係に興味があり、在職中は(趣味を隠しながらも)、涼宮ハルヒをテーマに経済セミナーを企画したりもしていました。現在、フリーライターとして活動すべく奮闘中です。