『BROTHERS CONFLICT FES.』レポートをお届け(後編)

brotherconflict

前回に引き続き『 BROTHERS CONFLICT FES.』のレポートをしていこう!

BROTHERS CONFLICT

てんやわんやの3本勝負!

奇数兄弟チームと(興津さん、諏訪部さん、鈴村さん、前野さん、梶さん)偶数兄弟チーム(平川さん、岡本さん、武内さん、浪川さん、KENNさん)に別れて3本勝負!(鳥海さんはMC、細谷さんはギックリ腰のためお休み)

まずは手を繋いでフラフープを回していき、先にフラフープを5回まわしたチームが勝ちというルール。

偶数チームが勝ったのだが、奇数チームの前野さんのフラフープの回し方がなんとも珍妙な動きをしていたので(両手と腰を突き出すポーズ)、「腰の前野」というあだ名を称号していた。(もちろん馬鹿にしているわけではなく、本人も至って本気で回しておられました)

次は叩いて被ってじゃんけんぽん。チームを代表して前野さんVS岡本さんが勝負し、前野さんが2連勝で見事勝利した。
最後は全員で大縄跳び。昼の部では50回程飛んだということでそれ以上を目指して飛ぶも3回とも40回程で引っかかり終了。

鈴村さんは「次回があれば100行きたい」と意気込むも、他の方々はお疲れの様子。個人的にMVPはKENNさんで、一人端っこの高いところで息切れ一つせずストイックに飛んでいたところが印象的だった。

熱いライブに爆笑の朗読劇後半戦

主題歌を歌うGeroさんによるスペシャルライブ!『BELOVED×SURVIVAL』と『MYSWEETHEAVEN♂ ♀』を熱く歌い上げた。
途中のMCでは朝日奈ひろきと称して、侑介の真似で『1to1』を披露し、短時間で会場のハートをぐっと掴んでステージを終えた。

朗読劇後半戦は「弥、春のめざめ」
興津さん、諏訪部さん、浪川さん、細谷さん、KENNさんが登壇。
弥が「赤ちゃんはどこからくるの?」という質問をしてきて兄弟会議開始!諏訪部さんは定評があるエロボイスで攻め、細谷さんとKENNさん演じる侑介風斗コンビの掛け合いは抜群で終始爆笑の朗読劇となった。ちなみに、両朗読とも今回中の人が欠席となった昴がラッキースケベ(絵麻と倒れこむシーン)として諸悪の根源にされ、みんな納得(?)のオチとなった。

最初から最後まで爆笑と黄色い声援に包まれ、改めて愛されている人気作品だと感じさせられた。

イベントに行った人もお留守番の人も、これからの展開を期待しつつ、改めて作品を楽しんでみるのも良いのではないだろうか。