みんながよく検索するワード: >> おすすめ赤司征十朗夢女子男の娘腐女子ラブライブ声優ガルパンワールドトリガー ...

『カラフル』悩める心を輝かせたいアナタにおすすめ


カラフル

この映画『 カラフル 』は、死んでしまった「僕」が主人公です。
僕は一体誰なのか?どうして死んでしまったのか?僕の犯した罪とは何なのだろう?
わからないまま、知らない人の身体に魂が半年間ホームステイすることになるのですが…。
原作は、直木賞作家の森絵都さん。
監督は、映画「クレヨンしんちゃん」を何作も手掛けられている、原恵一さん。
声の出演は、宮崎あおいさんを始めとした、一流の俳優・女優さんたちばかり。
そんな華やかさもありつつ、思わず泣けてくる深いメッセージが込められた映画です。

魂が少年の身体にホームステイ

主人公の死んだ僕が、天国へ向かっている途中。

「おめでとうございます!抽選に当たりました」

突然、プラプラというガイド役の天使(?)に、そう告げられます。
「もう1度下界に戻って再挑戦するチャンスが与えられました!」
プラプラは有無を言わせず、小林真という冴えない中学生の身体に、僕の魂を送り込むのです。
なんと半年間、真の身体にホームステイして、自分の犯した罪に気づかなければ、今度こそ、本当に死んでしまうのだと言います。

その小林真とは、自殺して息を引き取ったばかりの中学3年生の少年だった。
いじめられっ子で友達も無く、成績もクラスでビリという最悪さ。
母は、真が自殺するまでは不倫しており、高校生の兄とも口をきかない。
真面目で優しいだけの父のことも、軽蔑している様子。
でも僕は、小林真のようには振る舞わず、自分流の言動・行動をしていくのです。
すると、周囲との関係にも変化が現れていきます。
心の通じ合う友人ができ、真の生活は楽しいものに一変しました。
以前の真とは、まるで別人のように、日々を楽しく前向きに生きていく真。
そして真は、少しずつ大事なコトに気づいていきます。

「人間は1色じゃなく、色んな色を持っているんだ。持ってていいんだ。綺麗な色も汚い色も」

そして最後にわかる僕の真実、そしてプラプラの正体とは……。

面白いキャラクター、2選

まず「プラプラ」というガイド役の天使(?)の存在感がイイです。
見た目と声は、子供みたいな少年なのに、言ってることは大人で、なぜか大阪弁という所です。真とプラプラの掛け合いみたいなのは、可愛くて笑えます。
もう一人は、真のクラスメイトの、地味でブサイクで変な女子高生「佐野唱子」です。
またその声を、宮崎あおいさんがやられているという、ギャップは楽しんで観てほしい所です。

「 カラフル 」は、作品からのメッセージが心に響く感動作です。

ライター:あにぶ編集部|あにぶ編集部 さん

(C)2010森絵都/「カラフル」製作委員会

公式サイト・引用元: カラフル

スポンサードリンク広告

  おすすめアニメコラムに興味はありませんか?

やっぱりウマいのは餃子の王将