『デジモンアドベンチャー』「八神太一」と「石田ヤマト」のツートップ

選ばれし子供8人全員が主人公であり、全員が同じくらい活躍するように―

そんなコンセプトのもとで製作された「 デジモンアドベンチャー 」。
それぞれに印象的な個性やエピソードを抱え、各々に見せ場があり、強敵を倒してきた。

全員に均等な見せ場を準備されてはいただろうが、それでもこの二人の存在は、冒険が進化する最も強烈な促進剤であったことは間違いないだろう。

八神太一」と「石田ヤマト」のツートップの存在である。

デジモンアドベンチャー-15thキービジュアル

 

スポンサーリンク

選ばれし子供たちにとっての太一とヤマト

選ばれし子供たちにとっての太一とヤマトは、常にチームの先頭を走り、その影響も大きかった。

彼ら二人は誰よりもデジモンの進化の先を築き、二人が力を合わせれば、どんなに困難な敵さえも倒してきた。

彼ら二人は誰よりも衝突しあい、魂でぶつかりあってきた。彼らがすれ違うことは、チームワークの混乱に他ならなかった。

協力も衝突も全てを力にして、二人は「」を生み出してきたのである。

冷静な熱血家と情に満ちたクール

「光と影」「白と黒」「太陽と月」―相反するものが対比・差別化されるように、太一とヤマトもその対象であった。

太一は熱血・ヤマトはクール。

よくあるツートップの比較のされ方かもしれない。

しかしこの二人の最も面白いところは、通常とは異なる、もうひとつの顔が垣間見えたときだ。

太一は熱血で無鉄砲にもみえるが、誰よりもリーダー気質で人をまとめ、チームをあるべき方へと導く落ち着きがある。

ヤマトはクールで冷めたようにみえるが、問題や悩みには誰よりも深く向き合い、人を想い、情に厚い。

似ていないようで似ている二人。そして足りないところを補い合いながら、良いライバルとして、仲間として、そして真の友人として、彼らはお互いを意識してきた。

兄としての二人

太一には妹のヒカリ、ヤマトには弟のタケル。それぞれに妹と弟がいて、彼らもまた選ばれし子供として、冒険をする仲間でもある。

太一もヤマトも妹や弟には過保護な一面がある。妹や弟のことになると、チームを先頭で導くツートップが、滅多にない弱気や動揺をみせる。

彼らは「兄」としても、互いに通じるものがあるのだろうか。そんな共通項もまた、互いが自分をみているかのように、意識させているのかもしれない。

 

来春には再び、彼らが活躍することが話題となっている。

太一とヤマトは互いにどんな存在で有り続けているのだろうか。

経験と時間を経て、再び彼らは、そして子供たちはどんな物語を歩むのか。

「頼りない翼」だったのに、「勇気」も「友情」も翼にして、不可能を可能にした彼らを知っているから―。

今度の冒険も楽しみでしょうがない。

ABOUTこの記事をかいた人

Co.

ライター初心者です。物心ついたときから漫画・アニメと戯れていた気がします。アニメも観るけど、DAIGOと松岡修造とマツコ・デラックスがTVに出ていると、チャンネルはそのままです。