みんながよく検索するワード: >> おすすめ赤司征十朗夢女子男の娘腐女子ラブライブ声優ガルパンワールドトリガー ...

大出世?アニメ化した同人出身漫画家作品(1)


これまで何度か「同人からアニメ化した作品」を取り上げた記事を見て頂いたことと思う。

今回は、同人活動をしていた人たちがデビューし、そしてアニメ化までこぎつけた作品を紹介していこう!

ただし最初に記述しておくが、各先生方が活動していたジャンルについてはここでは明記しない。調べればサクッと出てきたりもするので、気になる人だけ各々調べて頂けるとありがたい。

『ぎんぎつね』の落合さより先生

ぎんぎつね

ぎんぎつねといえば、現代でありながらも和の雰囲気に包まれた作風と、ふんわりと可愛い女の子やモフモフ系ケモノキャラ好きにはたまらない作品だ。
しかし可愛いばかりではない。
がっしりとした体格の銀太郎の見せる表情の渋さは、おっさんキャラ好きならずとも思わずキュンとしてしまった。

同人時代のジャンルを知れば、「あぁ……!漂う和風感とキツネ……!!」と納得してしまう。

『D.Gray-man』の星野桂先生

こちらはダークファンタジーで人気を博し、今なお原作が連載中の作品だ。
独特なペンタッチと薄暗い雰囲気、そして時折入るギャグシーンやコミカルなデフォルメキャラで、『テニスの王子様』目当てに週刊ジャンプを購読していた女性陣の心を鷲掴んだ。
そしてそのペンタッチや雰囲気は、同人時代から変わっていない。

実は落合先生と同ジャンルで活動していたので、もしそのジャンルを中古同人ショップなどを探せばお二人の本を同時ゲットできる幸運もあるかもしれない。

『けいおん!』のかきふらい先生

k-on

同人と言っても、もちろん女性向けばかりではない。女子高生たちのほのぼのとした部活動と日常を描いたこの作品も、かきふらい先生が同人時代に描いていた作風を見事に受け継いでいると言っても過言ではない。

京都アニメーションが製作と知った時、きっとかきふらい先生は我が目か耳を疑ったことだろうと思う。

こう見てみると、やはりご本人の作風というものはデビュー前から連綿と連なっている。画風も大幅な変更があるわけではないので、アニメ化してから同人作品を見直してみると「おぉ……ここにあの作品の原点が……!」となんだか感動してしまう。

次回は同人からデビューを果たし、アニメ化のみならず実写化まで成し遂げた作品を含めた三作品をご紹介したいと思う。
こうご期待!

ライター:あにぶ編集部|井之上 さん

(C)落合さより/集英社・ぎんぎつね製作委員会,(C)星野桂/集英社・テレビ東京・電通・TMS,(C)かきふらい・芳文社/桜高軽音部

公式サイト・引用元: ぎんぎつね

スポンサードリンク広告

  おすすめアニメコラムに興味はありませんか?