みんながよく検索するワード: >> おすすめ赤司征十朗夢女子男の娘腐女子ラブライブ声優ガルパンワールドトリガー ...

『新世紀エヴァンゲリオン』社会現象となったその後はどうなったのか


『 新世紀エヴァンゲリオン 』は時代の閉塞感を表す作品だと言えました。既に存在する問題に巻き込まれ、その解決を大人たちに声高に要請され、共通目的を失った世界で孤立を深める“チルドレン”。エヴァが映し描いた世界は、まさにバブル崩壊後の90年代です。しかし時代に合致し社会現象となったからこそエヴァは、時代の変化によってその定義が大きく変わりました。社会現象となったその後のエヴァ、いったいどうあり方が変わったのでしょうか?
(前提としている内容については、前記事:エヴァはなぜ社会現象となったのか-『新世紀エヴァンゲリオン』で詳しく解説しています。)

ポスト・エヴァのセカイ系

エヴァはサブカルの多くのトレンドを変化させ、似通った作品が多数制作されることとなりました。特に極少数の登場人物、それも主人公とヒロインの関係の中で世界の危機が扱われるような構成は広く普及し、セカイ系としてブームになります。ただしエヴァが前提としていた、個人は現実社会に取り囲まれているという感覚はあまり継承されず、とりあえず個人の物語を大事として描く作品が大半となっていきます。エヴァに影響を受けた“エヴァっぽい”作品が増える一方で、エヴァが持っていたジビアな現実感覚は忘れられていったのかもしれません。

 

エヴァから乖離した“エヴァ”というあり方

“エヴァっぽさ”がエヴァから離れていったことから、エヴァという作品もまた新しい印象をもって語られるようになりました。セカイ系作品の少なくない数が、物語をテーマ以上に大げさに描くようなところがあり、その印象は妄想的・内向的と評価されるようになります。またエヴァ以来オタクが増える一方で、それが引きこもり等の議論と関連して語られたことも加えて、エヴァはますます現実から逃避する個人を描いたと見なされるようになりました。しかし実際のエヴァは“社会に投げ出され、現実に向き合いたくはなくとも戦わざるをえない個人”を描いているはずで、以上の議論が正しいとするならば、社会現象となったその後のエヴァは、大きな誤解を受けてきたと言えるでしょう。

 

【引用元・関連サイト・参考文献】

(c) Nippon Television Network Corporation
原宏之「バブル文化論―“ポスト戦後”としての一九八〇年代」(慶応義塾大学出版会、2006年)

ライター:Rスキー さん

©カラー ©GAINAX・カラー/Project Eva. ©カラー・GAINAX ©GAINAX・カラー

公式サイト・引用元: GAINAX NET

※このページは、公開から通算で570 ページビューを獲得しています。
スポンサードリンク広告

  おすすめアニメコラムに興味はありませんか?