みんながよく検索するワード: >> おすすめ赤司征十朗夢女子男の娘腐女子ラブライブ声優ガルパンワールドトリガー ...

『フリクリ』邦ロック好きなら「the pillows」を堪能出来るアニメ


『 フリクリ 』は2000年から2001年にかけて制作されたOVA(オリジナルビデオアニメーション)です。

FLCL-フリクリ

すごいことなんてない ただ あたりまえのことしか おこらない

―主人公のナオ太は世の中にはすごいことなんてないと考える少年。
そんな彼が謎の「ベスパ女」に轢かれてから「すごくありえない」日々が始まる―
というのが簡単なあらすじですが、このアニメに余計な言葉や説明は似合いません。
とにかく見て感じて欲しいと思います。
なんていうとこの記事が終わってしまうので、ここではストーリー以外の部分に触れていきたいと思います。

全編にわたって流れる「the pillows」の音楽

邦楽ロック好きにはお馴染みのバンド「the pillows」
『フリクリ』では主題歌だけではなく劇中に幾度となく彼らの音楽が流れます。
主人公の気持ちを代弁するかのように「ONE LIFE」が。
話のクライマックスで「LITTLE BUSTERS」がという感じです。
ファンの中には『フリクリ』は「the pillows」のPVだという人もいるくらい音楽と映像のマッチ感がスゴイです。

「the pillows」の海外人気の火付け役

「the pillows」といえば日本のバンドとしては珍しく海外人気が非常に高いです。
その大きな理由の一つとしてこの『フリクリ』があります。
というのもこの作品実は制作陣の多くが『新世紀エヴァンゲリオン』と同じで、そんな一流スタッフがOVAということで普段以上に大胆に手掛けた結果海外で非常に高い評価を得ています。
勿論その評価は「the pillows」にも大きな影響を与え、3枚目のオリジナルサウンドトラックは事実上「the pillows」のベストアルバムとして日米同時発売されました。
アニメがきっかけで海外でライブをするミュージシャンは多いですが実は「the pillows」もその一組なんです。

さてそんな「the pillows」ですが、実は『けいおん』の登場人物の名前の元ネタになっていたり、『SKET DANCE』の劇中で使われていたりと意外な所でもアニメと関わっていたりします。
「the pillows」からアニメを好きになったり、アニメから「the pillows」の曲を聴き始めたりするのも良いのではないでしょうか。

ライター:あにぶ編集部 さん

©GAINAX/フリクリ製作委員会

公式サイト・引用元: フリクリ

※このページは、公開から通算で874 ページビューを獲得しています。
スポンサードリンク広告

  おすすめアニメコラムに興味はありませんか?