ここらではっきりしておきたい!「腐女子」と「夢女子」の違いとは?『腐女子編』

腐女子

アニメが好きな女の子に「腐女子なの?」と訊ねたら全否定された。

「Aくんと結婚したい」という女の子を 腐女子 扱いしたらひどい剣幕で怒られた。

そんな経験はないでしょうか?
非ヲタ(オタクじゃない)の方はともかく、オタク男子にもあまり馴染みがないかも知れませんが、女子のオタクには腐女子以外にも『 夢女子 』というのが存在し、その生態は腐女子と大きく異なるのです。
では具体的に何がどう違うのでしょう? その正体に迫ります。

腐女子

腐女子とは

そもそも女オタクの代名詞のように言われている「腐女子」とは、いったいどのような人を指すのでしょうか。

簡単にいえば、男性キャラ同士の禁断の愛を妄想せずにはいられない系女子のことです。

ヒロインと結ばれていようが問題なし! だってAくんとBくんは心で繋がっているから!
公式で出会っていない? 接点がないなら作ればいいの。きっとこんなふうに出会ってこんな感じに愛が生まれるはず!

……と、頭の中はだいたいそのような構造になっているようです。
基本的にその妄想の中に自分自身が登場することはなく、二人がいる部屋の観葉植物や床、机の上の置物としてそっと二人の行く末を見守っています。
「Bくんとの結婚式には呼んでね、Aくん!」

なんでもいい、わけじゃない!

ちなみに腐女子は男同士の恋愛ならなんでもいいわけではなく、中にはどうしても受け付けない地雷カップリングも存在します。

たとえば、
「Aくんの相手はBくんしかいない。Cくんなんてありえない!」
「Aくんは受けがいいんです。Aくん攻めなんておいしくないです……」
と、このような具合ですね。

誤って地雷カップリングを与えると激しい拒否反応を示すことも。
さて、腐女子についてはだいたい理解していただけたかと思います。
後編では、いよいよ夢女子の生態に迫ります!

タイトル及び画像の著作権はすべて著作者に帰属します。


※このページは、公開からおおよそ7,885 アクセスがありました。

ライティング:あにぶ編集部 さん

腐女子

お気に入り記事をシェアして下さい

この記事に関するコメント