アクション系おすすめアニメ5選

空の境界

銃撃戦、ナイフを駆使したバトルシーン、
ただただ戦うだけでは無く、交錯する人間模様。
漫画では味わえない、動きと、音を、楽しめるジャンルです。

『BLACK LAGOON』「正義なんてもんはなくても、地球は回るんだぜ。」

blacklagoon

バトルアクションものだと、有名な作品ですね。あぁもう二挺拳銃かっこ良すぎでしょう!ってなります。見どころはバトルシーンだけでは無く、交渉、海外特有の問題、テンポの良いジョークの掛け合いなど、見ててスッキリするような作品です。

『BLACK LAGOON』ガンアクションでスカッとしたいときに

激しい銃撃戦が堪能できる ガンアクション系アニメおすすめ5選

『バッカーノ!』回って、回って、戻ってくる群像劇

バッカーノ!

様々な物語は、どこかで繋がっている。そんな作品です。定義としての「主人公」は存在せず、全員が主人公です。あっちへ行ったり、こっちへ行ったりを繰り返しているはずなのに、しっかり組み合わさっていて、、という1回観たら、もう1度観てみるか、、、と思ってしまう作品です。

『バッカーノ!』刺激が欲しいときにみたい群像劇アニメ

(C)Ryohgo Narita・Ascii Media Works/Project Baccano!

『デュラララ!!』「池袋」が舞台。「バッカーノ!」と同じ作者。

デュラララ

カラーギャング、オカルト、つながりあう群像劇。色々な要素が入っています。上の「バッカーノ!」と同じく、様々な登場人物がいます。その様々な人間のやりとり、繋がりはもちろん、アクションシーンにも注目です。臨也くんが素敵です。

『デュラララ​!!』愛の意味が分からなく​なったらみたい群像劇

『デュラララ!!』非日常を感じたいときに楽しみたい群像劇アニメ

『デュラララ!!』「折原臨也」性格が悪い?あるいは、これも一つの愛の形?

『平和島静雄』「池袋最強」と名高いバーテン服のイケメン

©2014 成田良悟/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/池袋ダラーズ

『進撃の巨人』社会現象にまでなった作品

進撃の巨人

メディアミックスもされ、普段アニメを観ない人たちも巻き込んだ、社会現象作品。様々な伏線を盛り込み、テンポの良い進行が見ものです。

『進撃の巨人』駆逐してやる!人類の心に潜む闇を抉り出すダークファンタジー

『進撃の巨人』『新セーラームーン』で曲を提供したREVOってどんな人?

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

 

『空の境界』中二病が発症しそうになります

空の境界

Fate/Stay Night」「Fate/Zero」、「月姫」を生み出している「TYPE-MOON」(通称:型月)の劇場作品。「ufotable」とはじめて組んで制作した作品でもあります。戦闘シーンの美しさは至高です。

劇場アニメ『空の境界』「TYPE-MOON」の原点的作品

『Fate』『空の境界』『プリズマ☆イリヤ』…TYPE-MOON作品の魅力とは

© 奈須きのこ / 講談社・アニプレックス・ノーツ・ufotable

(C)広江礼威・小学館/BLACK LAGOON製作委員会


※このページは、公開からおおよそ3,751 アクセスがありました。

ライティング:あにぶ編集部 さん

空の境界

お気に入り記事をシェアして下さい

この記事に関するコメント