激しい銃撃戦が堪能できる ガンアクション系アニメおすすめ5選

CANNAN

とにかく銃火器やガンアクションが好き、ファンタジーアニメの魔法の力より銃撃戦が好き、ロボットよりもライフルが好き、甘酸っぱい恋愛より硝煙の香りが好きというあなたに送りたい『 ガンアクション系アニメ 』をご紹介しようと思います。

ブラックラグーン

blacklagoon
舞台は架空の都市『ロアナプラ』そこは元軍人からマフィアまで、金のためならなんでもやる奴らが世界中から集まる悪の吹き溜まり。日夜、どこかしらで銃声が鳴り響く無法地帯を生き抜くアウトローたちの物語。
ブラックラグーン』の銃撃戦はとにかくど派手!!!
特に原作でも人気のあった『最凶メイド』ロベルタが米軍相手に夜の街を暴れ回るOVA版はアクションシーンも最高潮のシリーズ。 軽快なセリフ回しもクセになるガンアクションアニメ。

CANAAN

CANNAN
原案『TYPE-MOON』×アニメーション制作『P.A. WORKS』×脚本『岡田麿里』 という超豪華スタッフによるスタイリッシュなアクションシーンが魅力のアニメ。
TYPE-MOONの他作品のキャラ同様、主人公『カナン』は『特殊能力』をもっており、その特殊能力の描写と戦闘シーンがとにかくかっこいい。
徐々に明かされる謎やカナンの秘密など、見どころが満載のアニメだ。

© Spike Chunsoft/Project CANAAN

MADLAX

MADLAX
NOIR』『エル・カザド』の「真下耕一監督」による美少女ガンアクション三部作の二作目。
激しいガンアクションと難解なストーリーが特徴の作品。各所に伏線は散りばめられているものの考察が絶えない。
凄腕女性エージェント『マドラックス』の舞うような可憐なアクションシーンが魅力。
そして、通称「ヤンマー二」と呼ばれる激しい銃撃戦のときに流れる挿入歌の独特のコーラスからつけられた愛称をもっているガンアクションアニメ。

© 2004 ビィートレイン・ビクターエンタテインメント

Phantom~Requiem for the Phantom

Phantom
シナリオ原案『虚淵玄』さんによるPCゲームが原作のガンアクションアニメ。
暗殺者としての才能を見出され、暗殺者として洗脳と教育を施された『ツヴァイ』と、そんな彼の教育監査係である『アイン』の二人の物語。
ガンアクションだけでなく、重いストーリーの中に恋愛要素を絡めせた作品。賛否両論ある衝撃の最終回には是非とも注目してほしい。

© 2009 Nitroplus/Project Phantom

うぽって!!

うぽって
『FNC』や『SG550』といった「銃」を女の子のキャラに擬人化させた「ゆるかわてっぽう美少女コメディ」。
わりとマニアックな銃のネタをぶっこんできたり、銃の特性が女の子に反映させていたりと銃マニアにはおススメなシーンが満載。
後半はシリアスな銃撃バトルへと展開していくので、ほんわか日常ありシリアスなガンアクションありと、一度で二つの美味しさが味わえるアニメだ。

(C) 2012 天王寺キツネ・角川書店/うぽって!!製作委員会