ファン大混乱!!『ギャグマンガ日和』が9月に舞台化!?

gyagumanga-butai

この世の中には数多くの謎や不思議が転がっています。

深海には未だ人類が出会っていない生き物がいるとされ、さらにUMAや地球外生物などについても、夏が近くなるとテレビで取り上げられたりしますよね。

まぁそれはそれとして!!

先日「 ギャグマンガ日和 」の舞台化が発表され、ファンがこぞって「正気なのか公式!!」と大混乱の声を上げました!

 

gyagumanga-butai

俳優さん、大丈夫なの!?

ファンの大半がまず思ったのが、「どうやるの!?」「どうするの!?」「っていうか俳優さんは大丈夫なの!?」という部分でした。

なぜならこの作品、ショートストーリーで構成されたオムニバス作品。

その上ツッコまれる側のキャラクターは明らかに人外な状態になったり吉本をさらに激しくしたツッコミを受けたり流血沙汰の姿になったりと散々な状況に陥ることで有名なのです!

ファンの予想は?

ここで気になるのがファンの予想。

現実離れしたギャグ作品なので、当然ここでも現実離れした予想が立てられているかと思いきや……?

「全体的に変な臭いがする会場」

「キャストが普段着で客席に混ざってる」

「会場の外でカレーが売ってる」

「頼れるキャストはみんな目が死んでる」

「おむすびって!(股パンッ!)→いいよね!(股パンッ!)という客振りが入る」

という比較的実現されそうな予想もちらほら入っています。
しかしあくまでもちらほらという部分がまったくもってギャグマンガ日和らしいですね!!
実現出来なさそうな予想のほうが勿論大量にあります。

客席にいるお父さんの服が弾け飛ぶだとか、キャストがガチでリバースするだとか、まぁだいたいそんな感じです。

 

日和

 

果たしてこの予想はどの程度実現するのでしょうか!それとも無難にどれも実現せずに済むんでしょうか!!

脚本・演出は、舞台『弱虫ペダル』の脚本を手がけた「なるせゆうせい」さん、期間は、2015年9月16日~9月21日まで。

劇場は、銀座・博品館劇場にておこなわれます!!
現在は詳細が出ていないため予想だけが先走っていますが、続報が待たれるところです!!

 

ABOUTこの記事をかいた人

井之上

濃いめのオタク。実家がオタクだったせいで自然学習されてしまった年齢に見合わないオタ知識のせいで年齢詐称を疑われることもしばしば。家事育児と投稿小説製作の合間に少しだけライターとして書かせていただいています。