『ヘタリア』あなたはどの国がお好き?国擬人化歴史コメディ

2015年の冬の注目アニメのひとつである『艦隊これくしょん』は旧帝国海軍の艦隊たちを美少女キャラクターに、いわゆる『擬人化』させた作品だ。
擬人化は動植物や、無機物や有機物まで人間以外のものをあたかも人間であるような性質や、特徴を与える表現方法だ。
実際はかなり歴史の深い比喩の方法だが、現代においては美少女や美少年などに擬人化させる傾向にある。
今回紹介する『 ヘタリア 』も擬人化の表現をつかった作品だ。

ヘタリア The World Twinkle

スポンサーリンク

国を擬人化した個性あるキャラ

『ヘタリア』とは第一次世界大戦、第二次世界大戦などの時代背景を軸に、中心となった国の風土や、特有の文化や国民性などを反映させた『国』の擬人化キャラクターたちが織り成すドタバタテイストのコメディアニメ。
例えば『イタリア』は女の子好きな陽気でのほほんとした性格をしたアホ毛のあるキャラであり、『ドイツ』は厳格で愚直に真面目な性格のビール好きだったり『日本』は物静かであまり自己主張をしないタイプで一時期引き込もっていた時代(鎖国時代)があったりといった具合にそれぞれの国を擬人化されているのだ。
いろいろな年代の史実を基に物語が展開してゆくショートアニメで劇場化もされたほどの人気を集めています!

世界史にも詳しくなれる!?

上述した通り、『ヘタリア』は史実を基にしたネタが多く、メインキャラもイタリアを中心としたドイツや日本などの第二次世界大戦時の枢軸国のキャラたちが主となって風刺的な内容だったりエスニックな内容をゆる~いキャラたちがほんわかと描いているので、世界史や近代史に詳しい人には楽しめるようなネタが満載だったりします。
もちろん、それ以外の人も楽しめる内容ですし、この作品をきっかけに世界史に興味をもった!なんて人も少なくなくありません。

声優さんにも注目しよう

そんなゆる~いキャラクターたちに声を吹き込む声優さんたちが実に豪華な人たちが揃っています。
イタリア役の『浪川大輔』さんを始め、ドイツ役の『安元洋貴』さん、イギリス役の『杉山紀彰』さんなどなどその豪華声優さんたちと共にキャラソンや主題歌などにも注目していただきたいところだ。

さまざまな国を擬人化した個性的でかわいらしいゆるいキャラクターがたくさん登場する『ヘタリア』
1話5分ほどのショートアニメでサクッとみやすい作品なのでこの作品を観て世界史に興味をもったり好きな国を探してみてはいかがだろう。
待望の最新作である『ヘタリア The World Twinkle』の製作も決定済みなので、放映前に是非チェックしてみてほしい。