みんながよく検索するワード: >> おすすめ赤司征十朗夢女子男の娘腐女子ラブライブ声優ガルパンワールドトリガー ...

ひぐらしのなく頃に|陰口を叩かれている気がするときにみたいループミステリーアニメ


生きている限り猜疑心とは付き合っていかなければなりません。仲の良い友人の間でもどう思われてるか不安ですし、不信感を抱かざるを得ない状況だって時にはあります。けれど冷静な判断は当然大事として、誰かを信じる力強さが必要なときもあるでしょう。「 ひぐらしのなく頃に 」はそんな時に、仲間を頼ることを後押ししてくれるかもしれません。

ひぐらしのなく頃に

 

ひぐらしのなく頃に とは

昭和58年、人口2000人に満たない寒村である雛見沢。都会から村へと越してきた圭一は、転入先で仲間を得て順調な新生活を開始します。しかし村の土着神:オヤシロさまの伝承と、それをなぞるかのような怪事件の噂を聞いて以来、圭一は村の不気味な雰囲気に呑まれていくことに……

 

ひぐらしのなく頃に の魅力

“正解率1%”と言われる難解なミステリー要素が、この作品の第1の魅力です。複雑に組み込まれた設定、信用できない語り手、そもそも人の手による陰謀なのか超常現象なのか、メタ構造の動揺があなたを正解から遠ざけます。作中では何度も凄惨な展開が繰り返されますが、真実が分かるのはラストに辿り着いたときのみ。あなたはきっと、追われるように次の話を求めていくことになるでしょう。
一方でギャルゲーの流れを汲む本作は、魅力的な登場人物がたくさん出て楽しいシーンもきっちりあります。単に美少女を追いかけて視聴するのもいいかもしれませんね。たぶん心折れますが。

 

人を疑うことと、信じること。ひぐらしのなく頃に の伝えるメッセージとは?

一方で身近な死が描かれ誰が犯人かも分からない物語は、必然的に誰を疑い誰を信じるかを描いていくことになります。誰も頼りにすることができない状況なら、1人で全てを決めて行動するのも手かもしれません。
ですが孤立した人間ができることなど、そう多くはないでしょう。つまり疑わしいからこそ選んで信じる、苦しい状況だからこそ頼る。「ひぐらしのなく頃に」のメインテーマはまさにそれで、本音を打ち明け仲間を大切にすることの重要さが強く描かれます。確かに過激な描写も多い本作ですが、それで敬遠するのはもったいないと言えるでしょう。ぜひ見てみて下さい!

 

 

ライター:あにぶ編集部|Rスキー さん

© 2006竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会・創通 © 07th Expansion/竜騎士07 © 2007,2008,2009,2011/雛見沢御三家©アルケミスト

公式サイト・引用元: ひぐらしのなく頃に/© 2006竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会・創通 © 07th Expansion/竜騎士07 © 2007,2008,2009,2011/雛見沢御三家©アルケミスト

スポンサードリンク広告

  おすすめアニメコラムに興味はありませんか?

やっぱりウマいのは餃子の王将