みんながよく検索するワード: >> おすすめ赤司征十朗夢女子男の娘腐女子ラブライブ声優ガルパンワールドトリガー ...

『ヒカルの碁』囲碁の霊と魅力に取り付かれて


囲碁は、年配愛好家が嗜んでいる、という認識があった(または、ある)のではないでしょうか。

しかし「 ヒカルの碁 」のヒットは、小中高生をはじめとする若者の囲碁愛好家の増加に一役買うこととなりました。この作品の影響により囲碁を始め、プロになった棋士もいるというのだから、まさに囲碁ブームの火付け作品であります。

ヒカルの碁

ヒカルと佐為の出会い

主人公・「進藤ヒカル」は祖父の家にて、血痕の付いた古い碁盤を発見する。
その碁盤に宿っていた平安時代の天才棋士・「藤原佐為」という霊に出会い、そのまま取り付かれる。

当初は囲碁のルールも全く分からないヒカルが、「神の一手を極めたい」という佐為の望みを叶えるため、彼の指示通りに囲碁を打ち始める。後に「塔矢アキラ」をはじめとするライバルや仲間、棋士たちとの出会いを繰り返しながら、ヒカル自身の意志により、囲碁の道へと進んでいく。

囲碁のルールが分からない…でも大丈夫!

作品に触れるにあたって、囲碁のルールが全くわからないから不安…という方も多いのではないかと思います。

作中では囲碁のルールに関しての難しい説明は多くなく、基礎的な事項や初心者にも理解できる程度のルール説明にとどまっています。むしろその傾向が、内容をスラスラと飲み込みやすくしており、それよりもキャラクターの動作・心理描写に重きを置くことによって、勝負の進行模様が理解出来るようになっています。

囲碁だけじゃない、登場人物のリアル

上記のようにキャラクターの動作・心理描写が密に描かれているので、登場人物の思惑・葛藤といったリアルな心情が味わえます。特に10代の少年少女たちによる、囲碁を通しての「部活動」「進路」「友人関係」という青春期には欠かせない問題も絡み、作品への取っ付きやすさへのきっかけとなっています。

佐為の無双と茶目っ気

佐為は純粋に囲碁が好きで、そしてとにかく強い。彼は霊なので直接打つことは出来ず、代わりにヒカルが打ちますが、その強さのあまり、ヒカルが塔矢アキラやプロ棋士たちに注目されることになります。

勝負を仕掛ける佐為の勢いや、ここぞという時に相手をギャフンといわせる佐為の実力も作品の見所であります。

かと思いきや、平安時代には存在しない「自動販売機」や「パソコン」に珍しがりはしゃぐ様子や、ヒカルとの滑稽なやりとりもみられ、勝負の顔とは違う佐為のお茶目な一面にクスッと笑える部分も多々あります。

(念のためですが、佐為は男性ですよ!)

白と黒の繰り広げる世界で、あなたも囲碁の魅力に取り付かれてみてください!

ライター:あにぶ編集部|Co. さん

(C)ほったゆみ・HMC・小畑健・ノエル/集英社・テレビ東京・電通・スタジオぴえろ

公式サイト・引用元: ヒカルの碁

スポンサードリンク広告

  おすすめアニメコラムに興味はありませんか?

やっぱりウマいのは餃子の王将