『蛍火の杜へ』お伽話のような世界を見せてくれる

蛍火の杜へ

お伽話のような、昔話のような……どこか懐かしさも感じられる、このアニメ作品。
昔話と言っても、教訓めいたモノはないのですが、観終わった後まで、儚い切なさが心に染み入る、そんな物語です。

 「 蛍火の杜へ 」とは

竹川蛍は、毎年夏休みの期間に、祖父の家を訪れていました。
そんな夏のある日、6歳の蛍は近くの森で迷子になってしまうのです。
その森とは、妖怪たちがすむという「山神の森」。
泣くばかりの蛍を助けてくれたのは、狐のお面をかぶった、ギンという名の少年でした。
なんと、ギンは人に触れると消えてしまうという術を、山神様にかけられている……人間でも妖怪でもない、存在なのです。

 惹かれ合う2人

それから毎年夏になると、蛍はギンに会い来ては楽しく夏を過ごしていたのです。
成長していく蛍に対して、ギンの成長は非常に遅く、ほとんど出会った時のまま。
蛍も高校生になり、ギンと同じ位の歳になっています。
いつしか惹かれ合っていた2人。
蛍は思うのです。このままギンの歳をどんどん越えていってしまうのだな、と。
好きなのに、ギンに触るコトは出来ない。手を繋ぐことさえも……。
触れたらギンは、消滅してしまうのですから。

2人の恋の行方は?

年1度開かれる、山神の森での妖怪たちの夏祭り。
2人は手を繋ぐ代わりに、手ぬぐいを互いの手に縛り、はぐれないように、お祭りデートを楽しむのですが……。
蛍とギンを待ち受けていた運命とは?

 受賞と関連作品

「 蛍火の杜へ 」は、毎日映画コンクール・アニメーション映画賞を受賞しました。
そして、同じく緑川ゆきさん原作「夏目友人帳」のスタッフが製作された作品です。
気になった方は、合わせてご覧いただくのもいいかもしれませんね。

ABOUTこの記事をかいた人

あにぶ編集部

アニメコラムサイト「あにぶ」の編集部です。「あにぶ」は、まだまだオタクではない人、アニメに少し興味があるといった、”アニメ初心者”向けの入門サイトです。コンセプトは、「アニメを知らないあなたのためのアニメ入門サイト」。皆さんに読んで頂けると嬉しいです。