現代人必見の癒し系アニメおすすめ5選

スケッチブック~full color's~

会社に学校に対人関係に、現代人はなにかと忙しく疲れている。そんな現代人に必要なのは一時の休息とそして癒やし…
独特の空気、流れる時間、BGM、主題歌。
観ているだけでどことなく癒やしを得られる『 癒し系アニメ 』をオススメしたいと思う。

『ARIA』

ARIA
最早、癒し系アニメの金字塔ともなったアニメ。
近未来の火星の水上都市を舞台にした、とにかくゆったりとした雰囲気を味わえる作品。
特にBGMが反則的にリラクゼーション効果を誘います! 毎回AパートにストレングスのBGMと共にその話のハイライトを挟んで主題歌がながれるのが定番ですが、このコンボが卑怯! 『牧野由依』さんの主題歌が本当に素晴らしい!
リアルタイムで見ていた方は、眠い目をこすりながら深夜にこのアニメをみて気づいたら寝ていた…なんて方もいたのではないでしょうか。
10周年を記念してファン待望の新作アニメーションの制作も決定している本作。
まずはこのアニメ見てこの作品に流れる優しい雰囲気を感じて欲しい。

現代人必見の癒し系日常アニメ、『ARIA』の魅力!
せめて心だけでも海外へ。異国情緒系アニメおすすめ5選

©2015 天野こずえ/マッグガーデン・ARIA カンパニー

『たまゆら』

たまゆら
上記の『ARIA』のスタッフが手がけたオリジナルアニメシリーズ。
カメラが趣味の主人公、沢渡楓を中心とした4人の女の子たちが迷い悩みながらも夢に向かって歩んでいく物語。
広島の竹原市を舞台にしており瀬戸内の情景や実際の町並みが忠実に再現されていて、ノスタルジックさを感じさせてくれる。
4月から全四部作の劇場版が公開予定なので、是非劇場クオリティで暖かな雰囲気を味わっては如何だろう。

温かくも少し寂しい…奥深きアニメ『たまゆら』の世界、なので

©2015佐藤順一・TYA / たまゆら~卒業写真~製作委員会

『スケッチブック~full color’s~』

スケッチブック~full color's~
こちらも『ARIA』を手がけたスタッフが参加している、水上都市を舞台にするARIAに対し『丘ARIA』なんかと呼ばれた作品。
少し口下手な女子高生、梶原空の好きなものは散歩と猫とスケッチブック。そんな空を中心として特にドラマチックな出来事などほぼ皆無のまま、何気ない日々を温かく描き得た作品。
メインのアイテムとしてたびたび登場する空のスケッチブック。 そんなスケッチブックに描いたような水彩画のような淡い色使いの背景や作画が魅力的な癒し系作品です。

© 2007 Totan Kobako / MAG Garden・full color’s.

『夏目友人帳』

夏目友人帳
人には見えない妖モノが見える少年、夏目貴志。ある日、祖母が妖怪から名を奪った契約書である『友人帳』を発見した夏目は、その友人帳に書かれた名を妖怪たちに返していくという、夏目と妖怪と人間とを描いた少し切なく、どこか懐かしいあやかし奇譚。
この作品を一言でいうなら心に染み渡る作品と形容するのがぴったりなのかもしれない。
妖怪ものといってもホラー系のストーリーではなく心温まる話が多く、優しい気持ちになれる癒し系アニメ。

幸せな涙をくれる『夏目友人帳』

© 緑川ゆき・白泉社/「夏目友人帳」製作委員会

『のんのんびより』

のんのんびより
とある田舎を舞台に「旭丘分校」に通う個性的な生徒たちの日常を描いた田舎系スローライフコメディアニメ。
山で虫とりをしたり川でスイカを冷やしたり駄菓子屋で買い物したり、時代が逆行したような、夏休みに田舎の親戚の家に遊びにいったような、とにかく懐かしくアンニュイな気持ちになるアニメ。
背景の作画も丁寧に描写されており、田舎の山々、一本道、その雰囲気に叙情性を感じずにはいられない癒し系アニメ。

© 2013 あっと・株式会社KADOKAWA メディアファクトリー刊/旭丘分校管理組合

©2015 天野こずえ/マッグガーデン・ARIA カンパニー


※このページは、公開からおおよそ5,314 アクセスがありました。

ライティング:Uemt さん

スケッチブック~full color's~

お気に入り記事をシェアして下さい

この記事に関するコメント

ABOUTこの記事をかいた人

Uemt

アニメと声優さんと野球が大好きです。 土日はどっかの声優イベントに絶賛出没中。 愛するキャラはメガネキャラ。 駆け出しライターですどうか暖かい目でお守りください。