『僕らはみんな河合荘』自分って一体何だろう…と思ったら

僕らはみんな河合荘

出る杭は打たれる日本社会。そんな日々に差し込む一筋の希望のようなアニメ、それが「 僕らはみんな河合荘 」である。一人暮らしアパートと言いつつ、その実態は今話題のシェアハウスに近い。実際シェアハウス暮らしをしていた筆者が言うのだから、間違いない。この物語は、シェアハウスの魅力的な点を最大限に表しているアニメである。

僕らはみんな河合荘

「 僕らはみんな河合荘 」は、飛ばさずOPを見てほしい。

「 僕らはみんな河合荘 」を見て最初に驚かされるのは、背景イラストの美しさ。無機質な生活に慣れてしまった現代人にとって、おはじきや日本家屋などを美しく見られるだけでかなりの癒し。ヒロインの律っちゃんはOP冒頭では一見ただ無表情で本を読んでいるだけだが、徐々に彼女の想像がビジュアル化し、サビ部分で本に見入る彼女の想像力が爆発。様々な物語の主人公になりきる彼女は決して無表情でつまらない女の子ではない、むしろとても魅力的な女の子なのだ。果たして、本編でこの女の子はどんな風にその豊かな面を見せてくれるのか。これだけで楽しみが広がる。

 

「 僕らはみんな河合荘 」の個性的な同居人たち

シェアハウスの最大の特徴は「同居人は選べない」こと。個々の干渉を控える日本社会において真っ当に一人暮らしをしない人たちが集まるのだから、自然と個性的な人が集まる。このアニメに登場する同居人たちはその個性を一際、いや最大限に誇張したような人々で、弱者を弄ってストレスを発散するダメ女OL、恋愛沙汰を引っ掻き回して快感を得る女子大生、ドMの謎のニート男など……一見ダメ大人に見える同居人たちだが、そこは腐っても大人。おバカな行動に散々振り回されたと思いきや、ふとした瞬間、深い発言をしたり、かと思えばそれが単なるおちょくりだったり……油断も隙もあったもんじゃない。しかしそのテンポの良さが心地よく感じたら、あなたもきっと「河合荘」の住人である。

表社会では絶対見られない他人の素

ウチとソト、ヨソを巧みに使い分ける日本人。まして核家族化やネット社会が進む中、自分以外を「ソト」としてしまいがちな現代人にとって、家族以上に素をさらけ出せる、「ソト」であり「ウチ」の人間がいるのも悪くないかもしれない。そう思わせてくれるアニメ「僕らはみんな河合荘」は絶賛放送中!

(あにぶ編集部/稲本)