『君に届け』あの頃に戻りたくなる学園アニメ

忘れていた純粋な気持ちを思い出させてくれる。ただまっすぐに「君が好き」少女漫画の王道を超えた、爽やかで愛らしい学園恋愛アニメ。想い出すのは、恥ずかしくも甘酸っぱい青春の日々。爽やかな風のように清々しいアニメ、それが「君に届け』です。

kiminitodoke

スポンサーリンク

『 君に届け 』とは…?

「黒沢爽子」が北幌高校に入学したことから始まる。腰まで届く艶やかな黒髪に
長い前髪。加えて口下手であるが故に、根暗に見えてしまう。そのためあだ名が「貞子」と呼ばれていた。そんな中、ただ1人、名前を呼んでくれるクラスメイトが……、それが「風早翔太」だった。

「貞子」と呼ばれている爽子ですが、内面は超がつくほど純粋無垢であり、努力家でもあります。そんな内面に気付いている「風早」が、懸命にアピールする姿は可愛らしく好感が持てます。
そして、その気持ちに一切気付かない純粋すぎる爽子が、健気でとても愛らしい!そんな2人が(知らず知らずに)周囲を巻き込みながらも、友情や恋を通して成長していくお話です。

少女漫画の王道をいく作品ですが、女性だけでなく男性も楽しめます!

純粋で、健気で、一生懸命。あの頃の君に届け。

ただ純粋に人を「好き」になることは、そう多くないはずです。1人の人を健気に「想い」続けることは、幸せで、楽しくて、それでもたまに辛いときもあると思います。

それでも一生懸命で「前向き」な彼等を見ると、きっと昔を想い出してしまうはずです。

個性豊かな仲間に囲まれ、日に日に明るくなっていく爽子。爽子と関わることで、彼女の優しさに触れる仲間達。

懐かしいあの日々が再現されたように、鮮やかで、心が暖まるアニメです。