みんながよく検索するワード: >> おすすめ赤司征十朗夢女子男の娘腐女子ラブライブ声優ガルパンワールドトリガー ...

『ラブライブ!』ついにオリコン1位!「僕たちの奇跡」を成し遂げたμ’sの歩み


μ's

『 ラブライブ! 』に登場する、キャラクターユニット「μ’s」のベストアルバム『μ’s Best Album Best Live! Collection II』(5月27日発売)が、オリコン週間アルバムランキング(6月8日付)で約8.5万枚を売り上げて1位になりました。

アニメのキャラクターソングがオリコンで1位になるのは、あの『けいおん!』のベストアルバム『放課後ティータイム』(2009年7月発売)、『放課後ティータイムⅡ』(2010年10月発売)以来で、史上2組目の快挙です。

そこまでに至るには長い道のりがありました。

『ラブライブ!』とμ’sとは

もともと『ラブライブ!』はアニメではなく『電撃G’s magazine』で開始された雑誌企画で、2010年にスタートしました。

μ’sはその世界観の中で結成される、「国立音ノ木坂学院」に通う9人の女性校生たちのユニットです。

ストーリーの流れとしては、この「音ノ木坂学院」が志望者減のため廃校の危機に直面していて、それを撤回させるべく学校の知名度=入学希望者を集めるために、アイドルユニット「μ’s」を結成して、スクールアイドルの大会「LoveLive!」に出場しようというものです。

ストーリー仕立てではありますが、展開として、キャラクターと声優さんを一体化して、両方の人気を呼びこもうとするもので、雑誌企画→CD化→TVアニメ化、ゲーム化、TCG化→そして6月公開の劇場アニメ化という流れです。

434枚からのスタート

雑誌企画からスタートしたラブライブ!ですが、キャラクター発表、中の声優さん発表を経て発売された1stシングル『僕らのLIVE 君とのLIFE』は初動434枚、オリコン週間167位というスタートでした。

当時は評判以前に知名度がまったくなかったため、そもそもCDが出ていることも知られていなかったというのが現実でした。声優さんも今はみなさん人気になりましたが、当時は知る人ぞ知る→声優人気による売り上げは全くなかったといえます。

なぜここまで人気が出たかといいますと、メディア展開が上手だったのと、テレビアニメ(1期、2期)ともに大ヒットしたことが大きいのです。スマホゲームなどでアニメや声優さんを知らないライトな層を開拓しながら、本編のアニメでガッツリアニメファンの心もつかんで、定期的に行うライブのパフォーマンマンスで魅了するというサイクルが作られました。

μ’sのライブパフォーマンスは通常の声優さんのパフォーマンスを超えていて、プロの歌手やダンスユニットのそれと同じレベルなんです(だからこそ声優さんはとても大変なわけですが)。また、μ’sのキャラクターそして声優さんそれぞれ、みんな違った属性を持っているため、いろいろなファンが集まりやすいということもありました。

μ’sの声優さんはラブライブ!以前は、声優、歌手、モデル、女優、ダンサーなど多様なバックグラウンドを持っていて、その融合によって既存の声優ユニットにない人気とファン層の獲得に至りました。

(↓1stシングル『僕らのLIVE 君とのLIFE』)

 

声優としてこのランキングのすごさ

今と昔(90年代など)ではCDの売り上げは全く違うので一概に比較できませんが、過去にオリコン1位を獲得した声優さんは

シングル

2010年 水樹奈々/『PHANTOM MINDS』
*声優初オリコンシングル1位

2013年 fripSide(南條愛乃、sat)『sister’s noise』

アルバム

2009年 水樹奈々/『ULTIMATE DIAMOND』
*声優初オリコンアルバム1位

2009年 放課後ティータイム/『放課後ティータイム』
*アニメキャラソン初オリコンアルバム1位

2010年 放課後ティータイム/『放課後ティータイムⅡ』

2011年 坂本真綾/『You can’t catch me』

2014年 水樹奈々/『SUPERNAL LIBERTY』

2015年 μ’s/『μ’s Best Album Best Live! Collection II』

となっています。南條さんは2ユニットでオリコン1位を取っているんですね。

売り上げと人気は等しいものではありませんが、このCDが売れない時代に、ここまでランキングに入ってくるのは、コアなファン層だけではなく、一般の「ライトな」ファン層を多く獲得していることがわかります。

実はラブライブ!とμ’sのファンは、あまりほかのアニメを見なかったり、ほかの声優さんに興味がない人も多いんです。もったいないと思います。もし、ラブライブ!からアニメを観だしたという人は、ここのサイトにあるほかのアニメを観たり、声優さんの曲を聞いてみてはいかがでしょうか!

 

さぁ、このアルバム、どこまで伸びるでしょうか?ラブライブ!とμ’sの人気はまだまだ衰えそうにありません!

 

(↓最新シングル「ミはμ’sicのミ」)

ライター:あにぶ編集部|リンドウ さん

(C) 2013 プロジェクトラブライブ!

公式サイト・引用元: ラブライブ!Official Web Site

スポンサードリンク広告

  おすすめアニメコラムに興味はありませんか?

やっぱりウマいのは餃子の王将