『ルパン三世のテーマ』実は歌詞がついていた!?アニメ界屈指の名曲

ルパン三世
国民的アニメとして名高い作品『ルパン三世』
そのテーマソングである『 ルパン三世のテーマ 』は、誰しも一度は聴いたことがあるだろう。インストゥルメンタル・ジャズの洒落たフレーズは、印象強く耳の残っているはずだ。

だが、その『ルパン三世のテーマ』にヴォーカルバージョンが存在していることは、意外と知られていないのではないだろうか?

 

スポンサーリンク

ハードボイルドに彩られた『ルパン』的歌詞

ヴォーカルバージョンの初出は、1977年から放送開始されたアニメ『ルパン三世』TVシリーズ第2期だ。
当初は我々が一般的にイメージする『ルパン三世のテーマ』のインスト版がオープニングテーマとして使われていたが、第27話から第51話までにかけての新たなオープニングテーマとして、このヴォーカルバージョンが使われた。

歌詞のほうは、ハードボイルドな『ルパン三世』当初の作風を彷彿とさせる、ややアダルトで詩情たっぷりな内容。
だが、軽快さと憂いの両方を兼ね備えた演奏に、Pete Mac, Jr.のメリハリの効いた歌唱が加わることで、一言では言い表しきれない独特な妙味が醸成されている。シリアスにも、コミカルにも、泣きにも、燃えにも転じられる『ルパン三世』の特徴を見事にあらわした楽曲だ。

 

幻の“アニキ”水木一郎バージョン

実はこの『ルパン三世のテーマ』ヴォーカルバージョンだが、“アニメソング界の帝王”“アニキ”こと水木一郎さんが歌うバージョンも存在している。
当初は水木一郎さんによる録音も行われたが、結果としてオープニングテーマに採用されず、長らくレコード化もされなかった。しかし2003年にCD化され、はじめて世に出ることとなったのだ。
“アニキ”バージョンはPete Mac, Jr.バージョンとはまた違った味わいがあるので、機会があれば聴いてみて欲しい。
ちなみにこれは余談だが、水木さんは『ルパン三世 愛のテーマ』のヴォーカルバージョンも歌っている。
こちらはヴォーカル版『ルパン三世のテーマ』と同じく、TVシリーズ第2期の第27話から第51話にかけてのエンディングテーマとして使われていた。
オープニングテーマとはまた違った、しっとりと叙情的な名曲である。オススメ。

ABOUTこの記事をかいた人

あにぶ編集部

アニメコラムサイト「あにぶ」の編集部です。「あにぶ」は、まだまだオタクではない人、アニメに少し興味があるといった、”アニメ初心者”向けの入門サイトです。コンセプトは、「アニメを知らないあなたのためのアニメ入門サイト」。皆さんに読んで頂けると嬉しいです。