みんながよく検索するワード: >> おすすめ赤司征十朗夢女子男の娘腐女子ラブライブ声優ガルパンワールドトリガー ...

『魔法科高校の劣等生』ファンタジーとリアルの融合


魔法科高校の劣等生

魔法科高校の劣等生 とは?

現在放送中の「 魔法科高校の劣等生 」、ラノベ原作として知られており、放送開始前からその注目度は絶大でした。満を持して放送開始された後も、その人気を下降させることなく物語はどんどん加速していきます。

さて、この「 魔法科高校の劣等生 」という作品はなぜここまでの人気を得ているのでしょうか?それは、今まで語られてきた「魔法もの」とは一味も二味も違う面白さがあるからです。

「魔法」を題材とした作品

日本に限らず、「魔法」を題材としたフィクション作品は数多く存在します。ジャンルとしては、「ファンタジー」という言葉がしばしば使われていますね。
そして、その物語が不自然にならないようにするためには、「魔法」という存在を物語の中で当然に存在するものとして設定する必要があるのです。
ここで多くの作品は、私たちの生きているこの「現実」とは大きくかけ離れた世界を構築することで、この課題をクリアしてきました。
例えば、人間界を脅かす魔王を倒すために、勇者一行が魔法を駆使して旅をする。といった具合です。

要するに、魔法が登場する物語の世界観を、私たちが生きている現実の世界に近づければ近づけるほど、どこか安っぽいご都合主義的な作品になっていってしまう危険があるのです。

ファンタジーとリアルの見事な融合

しかし、このような「魔法ものは現実に近づけすぎてはならない」という、ある種の暗黙のルールを見事に克服したのが「魔法科高校の劣等生」という作品です。

この作品は、魔法を専門的に学ぶための学校である「魔法科高校」を舞台としています。この学校というのがミソで、「魔法」という要素を「勉強」に置き換えれば、誰もが青春時代を過ごした場所として感情移入しやすい設定になっているのです。
また、この作品では「魔法」を精密に体系づけており、論理的に理解できる対象として描いている点も特徴の一つです。
原理はどうなっているのかわからないけれど、えいっと杖を振ったり呪文を唱えたりすれば魔法が使える世界とは、物語の説得力が全く異なってきます。

このように、「魔法科高校の劣等生」は「魔法」というファンタジー要素を見事に「リアル」に落とし込んだ、珠玉の作品なのです。

ライター:西森ゆう さん

©2013 佐島勤/株式会社KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/魔法科高校製作委員会

公式サイト・引用元: 魔法科高校の劣等生

※このページは、公開から通算で225 ページビューを獲得しています。
スポンサードリンク広告

  おすすめアニメコラムに興味はありませんか?